2016年06月04日

エレクトラ〜METライブビューイング2015-2016

20160604


今回は準備万端。ちゃんとwikiも印刷して持ってきたから、あらすじも
分かるぞ!・・・と安心しすぎて、あらすじ読むのを忘れていた(ヽ´ω`)

慌てて読み始めたら、映画館内が暗くなってしまい、最初の2行くらいしか
読めなかった・・・(ヽ´ω`)(ヽ´ω`)

でも、その2行を知ってるだけでも助かった気がする。
ハムレットの女版だな、とユルすぎな解釈でスタート(笑)


音楽はまったく知らず、実際に聴いても憶えられるようなインパクトある
メロディーでもなかった。
それでも、演奏は最高に素晴らしくて、オペラ歌手たちの素晴らしい演技から
音楽へと意識が引っ張られて、音楽に集中してしまうほどだった。

音で感情をゴシゴシやられるような感じ。


あらすじは、ものすごく簡単なのだけど、どこまで背景や人物の心情を
理解できるか、見る側を試すような物語だった。
私はきっと半分さえ理解できていないだろう。


主人公エレクトラは、姫なのに貧乏な少年のような外観だ。
「昔の私は自分でもうっとりするくらい美しかった」っていう台詞が
あるけど、違和感がありすぎだ。

弟も庶民のような服装だった。
母だけが宮廷の人間らしかった。
同じ家族でありながら、別世界に生きる母。
それでも女王というほどのギラギラな豪華さではなかったので、周りに
合わせて落ち着いた感じにしているのかもしれない。


エレクトラは、旧演出では姫らしいドレスとか髪型だったのか、
もしそうならまあ違和感は無いだろうけど。

旧演出も見てみたいな。


母の死体をバーンと見せられた辺りから、どんどん怖くなった。
もともと不気味さがある荒れた感じだったけど、決定打が打たれるのだ。
母も愛人も死んだので、これで幸せになれるぞ、というわけではなく、
さらに過酷で恵まれない運命に陥っていく。
救いようがないのに、とても面白く楽しめた。


弟エリック・オーウェンズは、大きな体の黒人だったけど、あの人は階級の上から下までの
全てを演じられそうだし、イケメンじゃないのに存在感があって魅力的だった。
本物のスターだ。

母ヴァルトラウト・マイヤーは、美貌という言葉がよく似合う。
悪役に魅力があるほど、物語が輝く。

今日いちばんビックリしたことは、エレクトラがニーナ・ステンメだということ。
後から気づいたけど、「トゥーランドット」の主人公じゃん。
このまえ観たばかりなのに、七変化すぎて全然気づけなかった!
完全に私の負け〜。

彼女の演技と歌は、今回もトゥーランドットでも分かるとおり、美しい&タフであり
かなり力量が必要で、きっとほんの一部の人しか演じることは出来ない。




・指揮:エサ=ペッカ・サロネン 
・演出:パトリス・シェロー

・エレクトラ : ニーナ・ステンメ
・母クリテムネストラ : ヴァルトラウト・マイヤー
・姉クリソテミス : エイドリアン・ピエチョンカ 
・母の愛人エギスト : ブルクハルト・ウルリヒ
・弟オレスト : エリック・オーウェンズ 


・1時間57分(休憩なし)
・MET上演日 2016年4月30日
・言語::ドイツ語



東劇 3600円




今日は、ヤニック・ネゼ=セガン&フィラデルフィアのコンサートだった。

たまたまMETライブビューイングも上映されている週だったので、
ヤニックのコンサート前に見に行った。

コンサート会場近くの川崎の映画館(109シネマズ)でも上映されるけど、
この前「マノン・レスコー」をそこで見たとき寝ちゃったし・・・。
何よりも音がイマイチだったな。
(川崎ならTOHOシネマズが音が良い)

どの映画館にしようか迷いに迷った結果、
松竹のお膝元の東劇(東銀座)に決めた。

映画館とシネマコンプレックスの違いは何か?
東劇に来れば実感できる。
映画館が作品の感想にも大きく影響するのかもしれない。




CIMG8323.JPG
じゃじゃーん(*´ω`*)♡


CIMG8325.JPG
館内は撮影禁止です(ヽ´ω`)すみません




CIMG8396.JPG
劇場内の売店で売っていた、ふなっしーとのコタボタオル。

「連獅子と藤娘なら買うしかないな」と、珍しく迷わなかった。

ふなっしーとのコラボ第一弾の商品なので他では売れちゃってるかも・・・と
店員さんに言われたけど、歌舞伎座地下売店にはもうなかったので、
どうやら本当らしい。

ちょっと高くて700円。
作りはしっかりしててビロードみたいな手触り。
どこかに飾っておこう。



CIMG8394.JPG

CIMG8395.JPG
歌舞伎一筆箋も購入。
中味が見れなかったのは不安だったけど、歌舞伎の(ハガキ以外の)
紙製品は滅多にないので、えいっと買った。

ちゃんと中にも表紙と同じデザインが印刷されてるし、
エアメール並みの薄い紙でオシャレだね。
変な形のタワーはいらないけど。





posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤニック・ネゼ=セガン、五嶋龍、フィラデルフィア管弦楽団

20160604


久しぶりのミューザ川崎。

そして、久しぶりのヤニック・ネゼ=セガン!
前回は初来日、今日は2度目。


初来日の時にイイ奴認定して以来、METライブビューイングなどで
機会があれば出来るだけ聴いたり見たりしている指揮者に。

もともとコロコロしてるけど、今日は「前より太った?」と思ってしまった。
まあ、それでもとってもキュートだ。


1曲目、シベリウス「フィンランディア」
コンサートで頻繁に演奏されるのか、それとも私が選んでしまうのか。
よく演奏される曲。

始まってからふと気づいた。
ティンパニが大活躍だということに(笑)

私はパーカッションが笑いのツボになってしまっているので、
前方の弦楽器&管楽器は普通に見ていられるのに、
パーカッションを見るときは必死に笑いをこらえている。

特にティンパニの演奏がツボで、ドドドドド・・・と勢いよくたたいていたりすると
それだけで興奮してしまうのだ。

ティンパニ3つを行ったり来たりして忙しく演奏していたので、
面白くて面白くて・・・しかも、休みのときはティンパニに耳をあてて
音の狂いを修正していて、それもかなり面白い。
奏者がいい演奏をすればするほど、私は笑いがとまらない(笑)


曲が勢いづいてくると、北国フィンランドの海にありそうな波が。
ある程度一定の大きさ・間隔でやってくる波だ。
恐怖と、まもなく何か起こりそうなドキドキが交互に波のようにやってくる。
ドカンドカンとした大音量の演奏ではなかった。
深さや広さが感じられ、1曲目からこんな素晴らしいものを聴けるとは・・・。



2曲目、プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」 五嶋龍
少し前にNHKのクラシック番組で五嶋龍が紹介された時、
ツイッターでたいそう盛り上がった。
カッコいいとかいい体してるとか(笑)
武道にも励んでいたらしい。

選曲のせいかもしれないけど、うーん、やっぱり体育会という感じの
ヴァイオリンだった。
あんまり色っぽくないんだよね。本人は色気はあるほうだと思うんだけど、
演奏にはそれがあまりなかった。

しかもアンコールなし、みんなで「え〜っ?!」


ちょっと不思議で難解な曲。
なぜか天使やら空飛ぶ霊的な存在がバトンタッチしたときに
音が鳴り、それが連なって1曲になってるな〜と、おかしな感想が
頭に浮かんだ。

ヤニックの指揮の特徴は、一瞬まで大事にして手を抜かないことかな。
前回の諏訪内さんとの共演の時も、本当にぴたっと合わせていたし、
各楽章が終わるたびにぴたっときちっと終わらせるので、こちらまで
集中してしまい、終わると「ふぅ〜っ」と疲れの溜息が出てしまう。

どの指揮者でも、中だるみとかイマイチな瞬間はあるのに、ヤニックの
指揮ではほとんどないから、集中力と粘り強さがハンパないんだろう。
す、すごい・・・。

そしてオーケストラも指揮者も一体化しているから、いい演奏なんだと思う。


3曲目、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」
この曲は指揮も演奏も大変そうだった。
出だしはそうでもなかったけど、早くも「あれっ?もうメインディッシュか?」
と思うような演奏になった。
中盤はまあ普通に進み、その短い時間が過ぎると、最後までなかなかの
山あり谷ありな曲で、多面的に演じなければならない。

この曲はヤマカズ(山田和樹)指揮のを聴いたことがあるけど、
まるで別の曲になっていたので、驚きがとまらない。

ヤマカズのは、中東が舞台の割に作曲者の故郷ロシアっぽく、音はとても綺麗。
ヤニックのは、中東が舞台の割にもっと広い地域まで含めた世界共通の雰囲気。
乾燥した感じはなく、かといって自然や田舎でもない、むしろ(フィラデルフィアみたいな)
都会らしいものだった。

汗を拭き拭き指揮するヤニック。

冒頭では、頭の中に昼間と夜の境目が広がった。
朝焼けなのか、夕焼けなのか。
朝焼けなら、今日も刻々と千夜一夜は刻まれていく。
夕焼けなら、あぁ、また怖いいつもの時間がやってくるよ。

千夜一夜の物語のページがめくられていくのか、バラエティにあふれた
曲が次々と演奏され、どれもとっても美しかった。
特に後半になるほど美しさは増して、深〜く聞き入ってしまった。

聞き入ると目をつぶってしまう。
いかん、ヤニックを見れる機会は滅多にないんだから、目を開けていなきゃ。
そんな戦いをしながら、目をあけたり閉じたりして聴いた。

凄く美味しい食べ物を口に入れると、うーん美味しい、と目をつぶって
口の中にホワーンと広がる味を感じようとする。
今日の演奏でも同じようなことが起きた。
美味しいものを食べたときと同じようなホワーンが来たのだ。
どうやら最高に良い音楽は味がするらしい。
でも味覚で感じているわけではないので、舌に残るみたいなのとは別の感覚。

「こんなに幸せな状態なら、このまま死にたい」と思うほど、
素晴らしい演奏だった。
よく役者が舞台で死にたいって言うけれど、客席で死にたいと思うレベルまで
来れたようだから、ついに一人前のプロ観客だなっ(笑)

3曲とも終わってしまったら、寂しくなった。
もうご馳走を全部食べ終わっちゃったみたいで。



アンコール直前に、ヤニックが日本語に挑戦していた。

ヤニック「ありがとう」→観客「わーーっ(*´ω`*)(*´ω`*)」
ヤニック「????(私は聞きとれなかった)」→観客「わーっ(*´ω`*)」
ヤニック「春ナントカカントカ(私にはこう聞こえた)」→観客「は???(´ε`; )」
・・・観客を置いてけぼりにしたままアンコールへ突入(笑)



アンコール、グラズノフ 「四季」から「秋」小さなアダージョ
春だと思ったら、秋だったのか。
何だか春っぽかったけど(笑)
季節はともかく、欧米っぽかった。欧米にありそうな穏やかな風景が浮かんだ。
シェフがサービスで爽やかデザートをくれたようなアンコールだった。


明日もサントリーホールで公演があるからなのか、今日はこれだけ。
あっさりと終わったので、観客も素直にさっさと帰り始めたけど、
楽団員の1人は遅くまで観客と握手していたし、10人くらいはステージ上に
長く残っていた。

珍しいこともあるもんだ、と思っていたら、なぜかかなり遅れて
ヤニックが登場。
もっと長くアンコール催促の拍手するべきだったのか?
でもオーケストラが退場し始めたんだから、終わりなんだよねぇ?

あれっ、ひょっとして、嬉しかったのかもしれない?
高い席も安い席も空きが目立っていた割に、拍手はとても大きかったし。
音響が良いから拍手も大きく聴こえるだろうけど、それ差し引いても
大きな拍手だったから。
何て面白い人なんだ(笑)


今までたくさんのコンサートを聴いてきたけど、タオルやハンカチで
汗を拭く指揮者は初めてだ。
楽譜の下やポケットにフェイスタオルを置いて、楽章の合間に汗をぬぐう
キュートなヤニック(笑)

そして、最後に登場したときもフェイスタオル片手にやってきた。
もしストライプのタオルとかだったら、完全に「部活後」みたいになっていたよ(笑)

嬉しくなって登場、手にはフェイスタオル、哀しみのコントラバス
(C.タモリ倶楽部)ともちゃんと握手・・・指揮者の人柄は、演奏以外の
場所に表われる。
ドゥダメルと大違いだナ。

ヤニック、今回もやっぱりイイ奴認定(二回連続)


毎回ハズレがないので、ヤニックの追っかけをやりたくなってきてしまった。
目指せ、ヤニックのグルーピー(笑)

彼はとても明るく面白いので、私もああいう人になりたい〜。



CIMG8385.JPG

CIMG8384.JPG
おめでとう!!!




・シベリウス: 交響詩「フィンランディア」 op.26
・プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19
・リムスキー=コルサコフ: シェエラザード op.35



・指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
・ヴァイオリン:五嶋龍
・管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団 


ミューザ川崎
B席 2RA(正面向かって右) 2階1列 19000円




CIMG8372.JPG
会場のミューザ川崎。
音が良い!
でもお客さんがモノを落とすと、その雑音までよく響いてしまい、演奏のいいところを
邪魔してしまうことがたびたびあるので、良すぎるのもなんだな。


CIMG8378.JPG
エントランス前には、こういうアート的なものや面白い彫刻があるので楽しい。
このお姉さんはとても歌がうまくて、さすがミューザ前で路上ライブするだけある。


CIMG8380.JPG

CIMG8381.JPG
館内も斬新デザイン。
時々、斬新すぎて変な建物がある。でもここはセンスが良い。


CIMG8393.JPG
公演カレンダー・パンフレットの表紙。
ワインヤードの会場は音が良い。
そしてカッコいい。


CIMG8383.JPG

CIMG8382.JPG
会場内を眺めるだけで楽しめる(写真撮影禁止です(ヽ´ω`)ごめんなさい)




タグ:クラシック

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

エンタメで「しまった〜」と後悔しないためのコツ


コンサート、演劇、美術館・博物館など、
エンタメ会場で「しまった〜」と思わないようにするための
ちょっとした、いろはにほへと。


い:会場にはロッカー、トイレ、飲食店なんかない

  会場内に大きい荷物持っていくと邪魔になるから、
  会場にあるロッカーに荷物を預けておこう・・・と
  思っても、みんなが同じことを考えているので、
  たいていロッカーに空きはなし。
  ※クラシック系エンタメの会場は除く

  逆に、会場で空きロッカーを見つけたら奇跡くらいに
  考えたほうが良い。



  ロッカー対策は、
  @大前提:そもそも大荷物は持っていかない

  A最寄駅にロッカーがあるかどうかを事前に調べる
   ※ない場合があるため
   そこに預ける。
   空いていれば、ロッカーの大きさや料金なんか気にしない。

  B最寄駅以外の駅のロッカーに預ける
   乗換駅や1コ前の駅など。

  C泊まったホテルに預けておく
   チェックアウト後で荷物を取りに戻るのが面倒でも
   もっとも確実な方法。

  D最寄駅や会場に誰よりも早く行って、ロッカーを確保する
   少し早めに行く程度では、大抵みんな同じように考えていて
   無理だから、そんなに早く行きたくないと思う時間に
   到着しておく。


   ロッカー対策は、トイレと飲食店にも同じように使える。



ろ:咳がよく出る人は病院へ

  映画、クラシック、オペラなどの会場では静かにするのが
  マナーだけど、ゴホゴホと咳が止まらない人がいる。

  私もその1人で、風邪をひいていないし元気なのに
  そういう時は咳が止まらなくてとても困っていた。
  公演中はずっと飴を舐め続けたり、足元にストロー付きペットボトルを
  置いといて咳が出始めたらチビチビ水を飲んで咳を止めるようにしたり、
  いろんな工夫をしたけど、もう限界。

  それで病院へ行ったら、あなたはぜんそく持ちですと診断された。
  子供の頃から出続けた咳は、ぜんそくが原因だったのか〜とビックリ。

  医師いわく、たくさんの人がいる屋内では、ものすごい大量の
  ほこりが舞っていて、それで気管支が弱い人は咳が止まらなく
  なるらしい。

  そういえば、内勤の仕事しているときは、咳が止まらなかった。
  見えないだけで、空気中はゴミだらけだったのか・・・。

  だから、咳で困っている人は、エンタメのために限らず、
  呼吸器科や内科などでぜんそくを治すことを激しくお奨め。



は:パンフレットが入るバッグを持っていく

  パンフレットや筋書きってけっこうなお値段がするのに、
  袋をくれないことも多い。

  会場に捨ててくるわけにも行かず、直に手で持って帰らなければ
  ならなくなる。

  それを防ぐために、大きいパンフレットが入るバッグや
  他で買い物してもらった大きいビニール袋を折りたたんで
  持っていくなどすると安心。

  美術館・博物館に行くときは、チラシが折れないように
  A4クリアファイルを持っていくと便利。



に:時間には、かなり余裕を持たせる

  会場では大抵グッズなど買い物をする場所があるので、
  たとえ買わずに見るだけでも時間がかかる。

  急にトイレに行きたくなってしまうと、トイレの列に
  並ぶことになる。

  初めての会場だと、道に迷って走ってボロボロになって
  なんとか到着。

  遅れてしまって、真っ暗な会場を係に案内されて、周りに
  白い目で見られながらやっと着席。


  エンタメに行くことは毎回が初回みたいなものなので、
  時間については余裕を持ちすぎて暇なくらいがちょうどよい。
  暇なくらいが、エンタメをみんなでより楽しむ保険になるのだ。



ほ:それ用の靴を普段から準備しておく

  クラシック系
  →きちんとしたシンプルな皮靴、基本色は黒。
   普段は履かないで、きれいに保っておく。

  ライブハウス、フェス系
  →踏まれてボロボロになっても、雨で泥だらけになっても
   いいようなスニーカー類で。
   普段履いているスニーカーが捨て時になったら、
   ライブハウス・フェス用にとっておくのがベスト。

  雨の日
  →クラシック系なら、タクシーを使って出来るだけ外に出ない。
   ライブハウスは、天気に関わらずボロ靴で。
   フェス系なら、ボロ靴さえあきらめて安物でもいいから長靴。



へ:100円玉を多めに持っておく

  ロッカー、切符、自動販売機、傘立てなど、
  100円玉を使うことが多いので用意しておく。



と:食事しておく

  大きな音の会場でも、意外と響いて恥ずかしいお腹の音。
  特にクラシック系のエンタメだと、グウーッという音が
  いつ鳴ってしまうか気になって楽しめなくなってしまう。

  なので、コンビニのパン1〜2個だけでも開演ギリギリ
  でも食べておくとよい。
  その日エンタメに行くことは分かっているので、前日や
  昼の時間に余裕があるうちに軽食を買っておくと安心。

  開演前にどこかで食事しようという計画は、その日の
  予定がよっぽど融通がつく場合に限る。


posted by よしこ at 14:20 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

もくじ 〜初めて&一人でUSJ




初めて&一人でUSJ もくじ




 ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター・エリア
   昼間編

   ライド・アトラクション
      
   ショー・アトラクション???

   ショー・アトラクション

   ステージ・ショー&ストリート・ショー
  

   ステージ・ショー&ストリート・ショー

 ハリウッド・エリア
   昼間編
   夜景編

   ショー・アトラクション



   ステージ・ショー&ストリート・ショー




   ライド・アトラクション 

   ショー・アトラクション

   ステージ・ショー&ストリート・ショー




   ライド・アトラクション

   ショー・アトラクション
     バックドラフト

   ステージ・ショー&ストリート・ショー

    
   ライド・アトラクション



   ステージ・ショー&ストリート・ショー




   ライド・アトラクション
     ジョーズ
   
   おまけ




   ショー・アトラクション







 USJ周辺のお店



 USJ周辺のホテル



 天保山とUSJを行き来する
   朝
   夜



 天保山 



 サメづくし





posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 初めて&一人でUSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーズのぬいぐるみ /アミティ・ビレッジ・エリア



ジョーズのぬいぐるみ




ジョーズのアトラクションを楽しんだのは1日目。
その後、お土産屋でジョーズのぬいぐるみと出会った。

(*´ω`*)「ジョーズのぬいぐるみ、かわいいなぁ〜」



2日目もジョーズのアトラクションに行ったけど、
夜だったし夜景の撮影に忙しかったので、お土産屋には入らず。

でも、あのぬいぐるみのことは頭の中から離れない。
子供のころからぬいぐるみを自分から買ってまで欲しいと
思ったことがないし、ちょっと我慢すればすぐ忘れちゃうんだけど。




3日目
(´・ω・`)「たぶん今日がUSJ最終日になるだろう・・・どうしよう、あのぬいぐるみ」



3日目は朝一で入場してもアトラクションやショーには行かずに、
いきなりお土産店をいちばん手前から隅々まで見始めた。

エントランスに近いお店で、あのジョーズのぬいぐるみを発見。




うーん、もう3日も考え続けているんだから、買った方がいいな。
次いつUSJに来るか分からないし、品物がなくなるかもしれない。
後悔する方が怖いよ。




(*´ω`*) 買お♡





そういうわけで、生まれて初めて自分で欲しいと熱望したぬいぐるみは
ジョーズになった(笑)



サイズは3種類くらいあり、中くらいので我慢すると後悔しそうだったから
いちばん大きいのにした。



4000円のものなんか普段は洋服くらいしか買わないから、
私にとっては高い買い物だ。
(USJのお客さんって、なぜみんな万単位でお金使えるの?
 お金持ちだわ〜((+_+))





実用品でもないのに高くて贅沢品なので、せっかくだからこれで
何か面白いことをしようと考えた。







CIMG7201.JPG
(´・ω・`) 「あの〜 今からこのサメ買うんですけど、記念に写真を
     撮ってほしいんですが・・・」


店員Aさん「えーっ!? いいですよぉ〜 笑笑笑・・・



(-_-;).。oO(笑われてしまった・・・やっぱ傍から見ると面白いのか・・・)



店員Aさん「大漁って感じでいいですか!? 笑笑笑・・・



(; ・`д・´).。oO(むむっ!なんて話が早いんだ。お笑い大好き度100%に違いない!)




などというやり取りの後、普通に3枚くらい撮影してもらった。
それを再生して確認したんだけど、なんかイマイチだなぁ〜という
空気が私たちを包み込んでいた。



店員Aさん「連写機能はないですか!? 笑笑笑・・・



(; ・`д・´).。oO(むむむっ!なんて気が利くんだ。お笑い大好き度120%確定!!)



カメラで連写、さすがに手間だろうと思って遠慮していたのに、
心の奥深くにしまい込んでいた私の本心を見つけて、
面白いなら面倒なことさえいとわない店員Aさんの心意気を感じた。




そして出来上がったのがこれだ!!




ジョーズ大漁大漁大漁〜祭りィ〜 ♫ ♪




私以上に店員Aさんが喜び笑っていた。

(*´Д`)良かった、楽しんでもらえて・・・
この3日間、USJのクルーたちにはずっと楽しませてもらっていたから、
最後に少しでも素敵なひとときのお返しを受け取ってもらえたなら・・・。




店員Aさんの思い出と大きなジョーズのぬいぐるみが
自分用の最高のお土産になった。



CIMG7285.JPG





posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 初めて&一人でUSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする