2016年06月17日

大観・靫彦・龍子らと修善寺〜静岡市美術館


20160617

静岡市美術館のオリジナル企画展。

収蔵品がないギャラリー方式の美術館でこのような大層な企画展を
開催できることが驚きだ。

まず、目の付け所が凄い。
新井旅館って(笑)
知っている人にはものすごく有名だけど、ほとんどの人が知らない(きっと)。


でも、そうは言ってもこじんまりとした内容なんだろうな・・・なんて予想しながら
見に行った。

予想は大外れで、けっこう長居してしまい、後半は集中力と体力が切れて
クタクタになってしまった。



それでは、覚えている範囲でご紹介・・・

【印象的だった作品】
・広瀬長江「妓女」・・・うふふという色っぽさがあり、連れの少女のかのこ模様の
 衣装など含め全体的に豪華でピカピカなのも良い

・小林古径「伊勢物語」・・伊勢物語の魅力と古径の画力が重なって、
 見てて飽きない大作品だった。伊勢物語、読まねば!(未だに読んでない人)

・丘球学・・・安田靫彦が描いたお手本画を模写したりした、絵が好きな
 お坊さん。お手本と模写を比べると、やっぱり「目」の書き方で差が出ると
 分かった。
 丘球学は可睡斎→岐阜・飛騨の洞雲寺→修善寺→永平寺というエリート。

・靫彦ら17名合作「修善寺風物扇面散」・・・お弟子さんたちも選ばれし面々
 なんだろうけど、やっぱり一流画家たちと比べると、まだ「なぞってる」感が
 残ってて、想像したものを紙の上に再現する筆の技術を、まだ自分のものに
 しきれていない。これは大きな差。


【分かったこと】

@修善寺の新井旅館のご主人がパトロン
 →いつの時代も世界中の芸術はこういう道楽おやじが支えている

A今は絵がうまい人は漫画・アニメに流れている
 →有名日本画家も、現在のコミケ同人作家に重なって見えた

B上手い人は何でも上手い
 →仕事としておしとやかな日本画を描いてるだけで、プライベートでは
  今の漫画で見るような激しく勢いあるものも見事に描いている

C芸術は歴史ある都会から生まれる
 →画家の出身地が旧街道の宿場町とか、東京でも浅草など
  (田舎は芸術どころではない?)

D長生きすると名が残る
 →有名画家はみな長寿。逆に言うと、早世しても有名な画家の力量はハンパない




6/7から開催だし、平日午後だったせいもあり、来場者は
ほとんどいなかった。
ゆっくり見れた。

東京では年々すしずめ度数が高くなって、「鑑賞」どころじゃなくなって
きているので、この環境は天国のようだった。




静岡市美術館は、オープン以来すばらしい内容の企画展が続く。
企業は人なり、美術館も人なり。

学芸員、運営スタッフ、トップを連れてきた静岡市役所職員まで、
すべての関係者に感謝する以外にやることは何もない。

この幸せができるだけ長く続きますように、と私は祈り続けている。
そして、私もこの美術館の今の状態が長く続くように
パトロンとして通い続けないとっ!


企画展HP(主な出品作品) http://www.shizubi.jp/exhibition/160607_02.php






posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 美術館・博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

顔文字




(^∇^)≧(´▽`)≦(‐^▽^‐)( ̄▽+ ̄*)(* ̄Oノ ̄*)(´0ノ`*)(-^□^-)((^O^)γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞヾ(@^▽^@)ノo(^▽^)o
(°∀°)bヘ(゚∀゚*)ノ(・∀・)(^-^)/(^O^)/

(・ω・)/o(^-^)oo(^▽^)o(*^ー^)ノ(o^-')bp(^-^)q(^人^)(*゜▽゜ノノ゛☆(^ε^)(^〜^)v(^-^)v(*^o^*)(≧▽≦)(^ε^)♪
(´∀`)(*^ー^)ノ(`∀´):*:・( ̄∀ ̄)・:*:ヽ(゜▽、゜)ノ(^_^)v

(。・ε・。)(`Δ´)ヽ(`Д´)ノ(`・ω・´)(  ̄っ ̄)(・ε・)(`ε´)ヽ( )`ε´( )ノヾ(。`Д´。)ノ( ̄∩ ̄#゛(`ヘ´#)((o(-゛-;)(◎`ε´◎ )(-""-;)
(゙ `-´)/(#`ε´#)(-_-メ(`ε´) )`ε´( 

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 ・°・(ノД`)・°・ (´・ω・`) (:_;) (T_T) (x_x;)(_ _。)(TωT)(/TДT)/ (ノДT)(´□`。)。(´д`lll)
(>_<) Y(>_<、)Y (/_;)/~~


(;^_^A (・Θ・;)(-。−;)(^▽^;)(・・;)(゜д゜;)(-"-;A( ̄_ ̄ i) (@Д@; σ(^_^;) ( ̄ー ̄; (((( ;°Д°))))。
(;°皿°)( ̄Д ̄;;(;´Д`)ノ(°Д°;≡°Д°;)ヽ(;´Д`)ノヽ(;´ω`)ノ!(´Д`;)(°д°;)(^_^;)(^o^;)(^_^;) (・_・;)(><;)

(ノ゚ο゚)ノ(@ ̄Д ̄@;)(ノ´▽`)ノ Σ(゚д゚;) Σ(・ω・ノ)ノ!三( ゚Д゚) ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ ( ̄□ ̄;)(゚Д゚)w
((゚m゚;) Σ(・ω・; ((◎д◎ )) (((゜д゜;)))\(゜□゜)/( ̄□ ̄;)!!(+_+)(*_*)(@_@)((>д<))

orzキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ(☆。☆)(-_☆)(゜ρ゜)Oo。。( ̄¬ ̄*)ε=(。・д・。)┐( ̄ヘ ̄)┌ ( °д°)
o(・_・= ・_・)o ( ´Д`)y━─┛~~ (⌒¬⌒*)( ̄▽ ̄)=3 (ノ´▽`)ノ ⌒(呪) (^з^)-☆Chu!! ( ・д・)/−−=≡(((卍
(・ω・) (゚O゚(☆○=(`◇´*)o (・∀・)/(。・ω・)ノ゙ キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!! (θωθ)/~ 
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) (*^o^*)/~(`・ω・´)ゞ

| 壁 |д・) Zzz… (@ ̄ρ ̄@)zzzz m(_ _ )m (。-人-。) (・_・ 三・_・) ε=ε=ε= o(_ _*)o m(u_u)m 
m(..)m (?_?) ☆彡 ZZzz.... (ノ^^)八(^^ )ノ o(^^o)(o^^) o(*^o^)乂(^-^*) 
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪ (σ・∀・)σ (/ ^^)/ \(^_^)/(^-^)ノ~~ ヾ( ´ー`) (^_-)☆ (*´Д`)=з φ(.. )



╰( `•ω•) ╮-=ニ=゚

Σ(-᷅_-᷄๑)

(ง°̀ロ°́)ง

(* •̀_•́)✧

( ˘⊖˘) 。o( )

(´-`).。oO(

( ´ω`) フーン ( ゚д゚)

( ˘ω˘)スヤァ

(; ・`ω・´)

(´ε`;)

(;´Д`)ハァハァ

チッ(・д・)

( ˘・з・)

(҂ ー̀дー́ )

.。゚+.(´∀`○)゚+.゚。

٩(๑•̀ω•́๑)۶

|д・)

(っ´ω`c)

σ(´Д`●)

o(・ω・。)

(。-ω-)ノ

ヽ(.◕ฺˇд ˇ◕ฺ;)ノ

(。・ω・)ノ

( ´Д`)y━・~~

ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

└((´э`))┘

₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

٩( ´ω` )و

┐(´-`)┌

\\\\٩( 'ω' )و ////

\(´ω` )/

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚Д゚) …!?

( д) ゚ ゚

バンバン(#`Д ´ )ノ!

(*´ω`*)

(●´ω`●)ゞエヘヘ

(p*・ω・)p

‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

⊂('ω'⊂ )))Σ≡=─

(TωT)

(◕ฺω◕ฺ)

(✪ω✪)

。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚

。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

(´◕ω◕`)

٩(๑´3`๑)۶




posted by よしこ at 10:47 | Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

銀座かいわいを探訪

20160604


東京でいちばん好きなのは銀座。
この街は飽きないねぇ。ちょっとでいいから住んでみたいよ。


CIMG8298.JPG
JR有楽町駅内の大黒様。
なんと大胆なノミであろうか・・・。

CIMG8299.JPG


CIMG8314.JPG
フランスの街かどみたいな風景


CIMG8321.JPG
建物に住所を掘る(笑)


CIMG8322.JPG

CIMG8332.JPG
もうすぐ梅雨がやってくるのを、あじさいが教えてくれていた


CIMG8326.JPG
CIMG8327.JPG
歌舞伎稲荷神社。歌舞伎座に来るお客さんたちがひっきりなしにお参りしていた。


CIMG8337.JPG
ビルの隙間の古い酒屋


CIMG8346.JPG
銀座には、他のどんな都会よりも神社が大事に残されている。
この辺りは、松屋デパート裏なので、松屋の駐車場が係たちがプレートを持ってあちこちに待機していた。


CIMG8351.JPG

CIMG8348.JPG

CIMG8349.JPG

CIMG8350.JPG




CIMG8364.JPG
JR有楽町駅に戻ると、こんな人通りが多い場所に・・・


CIMG8361.JPG
南町奉行所跡が。遠山の金さん!!


CIMG8362.JPG

CIMG8363.JPG
建物の平面図まであるとは・・・こだわりが凄い。
もっとちゃんとした施設で残せばより素晴らしいね。


少し歩いただけで、いろんな珍しいものに会えるのが銀座だ。




posted by よしこ at 00:00 | Comment(2) | 小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレクトラ〜METライブビューイング2015-2016

20160604


今回は準備万端。ちゃんとwikiも印刷して持ってきたから、あらすじも
分かるぞ!・・・と安心しすぎて、あらすじ読むのを忘れていた(ヽ´ω`)

慌てて読み始めたら、映画館内が暗くなってしまい、最初の2行くらいしか
読めなかった・・・(ヽ´ω`)(ヽ´ω`)

でも、その2行を知ってるだけでも助かった気がする。
ハムレットの女版だな、とユルすぎな解釈でスタート(笑)


音楽はまったく知らず、実際に聴いても憶えられるようなインパクトある
メロディーでもなかった。
それでも、演奏は最高に素晴らしくて、オペラ歌手たちの素晴らしい演技から
音楽へと意識が引っ張られて、音楽に集中してしまうほどだった。

音で感情をゴシゴシやられるような感じ。


あらすじは、ものすごく簡単なのだけど、どこまで背景や人物の心情を
理解できるか、見る側を試すような物語だった。
私はきっと半分さえ理解できていないだろう。


主人公エレクトラは、姫なのに貧乏な少年のような外観だ。
「昔の私は自分でもうっとりするくらい美しかった」っていう台詞が
あるけど、違和感がありすぎだ。

弟も庶民のような服装だった。
母だけが宮廷の人間らしかった。
同じ家族でありながら、別世界に生きる母。
それでも女王というほどのギラギラな豪華さではなかったので、周りに
合わせて落ち着いた感じにしているのかもしれない。


エレクトラは、旧演出では姫らしいドレスとか髪型だったのか、
もしそうならまあ違和感は無いだろうけど。

旧演出も見てみたいな。


母の死体をバーンと見せられた辺りから、どんどん怖くなった。
もともと不気味さがある荒れた感じだったけど、決定打が打たれるのだ。
母も愛人も死んだので、これで幸せになれるぞ、というわけではなく、
さらに過酷で恵まれない運命に陥っていく。
救いようがないのに、とても面白く楽しめた。


弟エリック・オーウェンズは、大きな体の黒人だったけど、あの人は階級の上から下までの
全てを演じられそうだし、イケメンじゃないのに存在感があって魅力的だった。
本物のスターだ。

母ヴァルトラウト・マイヤーは、美貌という言葉がよく似合う。
悪役に魅力があるほど、物語が輝く。

今日いちばんビックリしたことは、エレクトラがニーナ・ステンメだということ。
後から気づいたけど、「トゥーランドット」の主人公じゃん。
このまえ観たばかりなのに、七変化すぎて全然気づけなかった!
完全に私の負け〜。

彼女の演技と歌は、今回もトゥーランドットでも分かるとおり、美しい&タフであり
かなり力量が必要で、きっとほんの一部の人しか演じることは出来ない。




・指揮:エサ=ペッカ・サロネン 
・演出:パトリス・シェロー

・エレクトラ : ニーナ・ステンメ
・母クリテムネストラ : ヴァルトラウト・マイヤー
・姉クリソテミス : エイドリアン・ピエチョンカ 
・母の愛人エギスト : ブルクハルト・ウルリヒ
・弟オレスト : エリック・オーウェンズ 


・1時間57分(休憩なし)
・MET上演日 2016年4月30日
・言語::ドイツ語



東劇 3600円




今日は、ヤニック・ネゼ=セガン&フィラデルフィアのコンサートだった。

たまたまMETライブビューイングも上映されている週だったので、
ヤニックのコンサート前に見に行った。

コンサート会場近くの川崎の映画館(109シネマズ)でも上映されるけど、
この前「マノン・レスコー」をそこで見たとき寝ちゃったし・・・。
何よりも音がイマイチだったな。
(川崎ならTOHOシネマズが音が良い)

どの映画館にしようか迷いに迷った結果、
松竹のお膝元の東劇(東銀座)に決めた。

映画館とシネマコンプレックスの違いは何か?
東劇に来れば実感できる。
映画館が作品の感想にも大きく影響するのかもしれない。




CIMG8323.JPG
じゃじゃーん(*´ω`*)♡


CIMG8325.JPG
館内は撮影禁止です(ヽ´ω`)すみません




CIMG8396.JPG
劇場内の売店で売っていた、ふなっしーとのコタボタオル。

「連獅子と藤娘なら買うしかないな」と、珍しく迷わなかった。

ふなっしーとのコラボ第一弾の商品なので他では売れちゃってるかも・・・と
店員さんに言われたけど、歌舞伎座地下売店にはもうなかったので、
どうやら本当らしい。

ちょっと高くて700円。
作りはしっかりしててビロードみたいな手触り。
どこかに飾っておこう。



CIMG8394.JPG

CIMG8395.JPG
歌舞伎一筆箋も購入。
中味が見れなかったのは不安だったけど、歌舞伎の(ハガキ以外の)
紙製品は滅多にないので、えいっと買った。

ちゃんと中にも表紙と同じデザインが印刷されてるし、
エアメール並みの薄い紙でオシャレだね。
変な形のタワーはいらないけど。





posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤニック・ネゼ=セガン、五嶋龍、フィラデルフィア管弦楽団

20160604


久しぶりのミューザ川崎。

そして、久しぶりのヤニック・ネゼ=セガン!
前回は初来日、今日は2度目。


初来日の時にイイ奴認定して以来、METライブビューイングなどで
機会があれば出来るだけ聴いたり見たりしている指揮者に。

もともとコロコロしてるけど、今日は「前より太った?」と思ってしまった。
まあ、それでもとってもキュートだ。


1曲目、シベリウス「フィンランディア」
コンサートで頻繁に演奏されるのか、それとも私が選んでしまうのか。
よく演奏される曲。

始まってからふと気づいた。
ティンパニが大活躍だということに(笑)

私はパーカッションが笑いのツボになってしまっているので、
前方の弦楽器&管楽器は普通に見ていられるのに、
パーカッションを見るときは必死に笑いをこらえている。

特にティンパニの演奏がツボで、ドドドドド・・・と勢いよくたたいていたりすると
それだけで興奮してしまうのだ。

ティンパニ3つを行ったり来たりして忙しく演奏していたので、
面白くて面白くて・・・しかも、休みのときはティンパニに耳をあてて
音の狂いを修正していて、それもかなり面白い。
奏者がいい演奏をすればするほど、私は笑いがとまらない(笑)


曲が勢いづいてくると、北国フィンランドの海にありそうな波が。
ある程度一定の大きさ・間隔でやってくる波だ。
恐怖と、まもなく何か起こりそうなドキドキが交互に波のようにやってくる。
ドカンドカンとした大音量の演奏ではなかった。
深さや広さが感じられ、1曲目からこんな素晴らしいものを聴けるとは・・・。



2曲目、プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」 五嶋龍
少し前にNHKのクラシック番組で五嶋龍が紹介された時、
ツイッターでたいそう盛り上がった。
カッコいいとかいい体してるとか(笑)
武道にも励んでいたらしい。

選曲のせいかもしれないけど、うーん、やっぱり体育会という感じの
ヴァイオリンだった。
あんまり色っぽくないんだよね。本人は色気はあるほうだと思うんだけど、
演奏にはそれがあまりなかった。

しかもアンコールなし、みんなで「え〜っ?!」


ちょっと不思議で難解な曲。
なぜか天使やら空飛ぶ霊的な存在がバトンタッチしたときに
音が鳴り、それが連なって1曲になってるな〜と、おかしな感想が
頭に浮かんだ。

ヤニックの指揮の特徴は、一瞬まで大事にして手を抜かないことかな。
前回の諏訪内さんとの共演の時も、本当にぴたっと合わせていたし、
各楽章が終わるたびにぴたっときちっと終わらせるので、こちらまで
集中してしまい、終わると「ふぅ〜っ」と疲れの溜息が出てしまう。

どの指揮者でも、中だるみとかイマイチな瞬間はあるのに、ヤニックの
指揮ではほとんどないから、集中力と粘り強さがハンパないんだろう。
す、すごい・・・。

そしてオーケストラも指揮者も一体化しているから、いい演奏なんだと思う。


3曲目、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」
この曲は指揮も演奏も大変そうだった。
出だしはそうでもなかったけど、早くも「あれっ?もうメインディッシュか?」
と思うような演奏になった。
中盤はまあ普通に進み、その短い時間が過ぎると、最後までなかなかの
山あり谷ありな曲で、多面的に演じなければならない。

この曲はヤマカズ(山田和樹)指揮のを聴いたことがあるけど、
まるで別の曲になっていたので、驚きがとまらない。

ヤマカズのは、中東が舞台の割に作曲者の故郷ロシアっぽく、音はとても綺麗。
ヤニックのは、中東が舞台の割にもっと広い地域まで含めた世界共通の雰囲気。
乾燥した感じはなく、かといって自然や田舎でもない、むしろ(フィラデルフィアみたいな)
都会らしいものだった。

汗を拭き拭き指揮するヤニック。

冒頭では、頭の中に昼間と夜の境目が広がった。
朝焼けなのか、夕焼けなのか。
朝焼けなら、今日も刻々と千夜一夜は刻まれていく。
夕焼けなら、あぁ、また怖いいつもの時間がやってくるよ。

千夜一夜の物語のページがめくられていくのか、バラエティにあふれた
曲が次々と演奏され、どれもとっても美しかった。
特に後半になるほど美しさは増して、深〜く聞き入ってしまった。

聞き入ると目をつぶってしまう。
いかん、ヤニックを見れる機会は滅多にないんだから、目を開けていなきゃ。
そんな戦いをしながら、目をあけたり閉じたりして聴いた。

凄く美味しい食べ物を口に入れると、うーん美味しい、と目をつぶって
口の中にホワーンと広がる味を感じようとする。
今日の演奏でも同じようなことが起きた。
美味しいものを食べたときと同じようなホワーンが来たのだ。
どうやら最高に良い音楽は味がするらしい。
でも味覚で感じているわけではないので、舌に残るみたいなのとは別の感覚。

「こんなに幸せな状態なら、このまま死にたい」と思うほど、
素晴らしい演奏だった。
よく役者が舞台で死にたいって言うけれど、客席で死にたいと思うレベルまで
来れたようだから、ついに一人前のプロ観客だなっ(笑)

3曲とも終わってしまったら、寂しくなった。
もうご馳走を全部食べ終わっちゃったみたいで。



アンコール直前に、ヤニックが日本語に挑戦していた。

ヤニック「ありがとう」→観客「わーーっ(*´ω`*)(*´ω`*)」
ヤニック「????(私は聞きとれなかった)」→観客「わーっ(*´ω`*)」
ヤニック「春ナントカカントカ(私にはこう聞こえた)」→観客「は???(´ε`; )」
・・・観客を置いてけぼりにしたままアンコールへ突入(笑)



アンコール、グラズノフ 「四季」から「秋」小さなアダージョ
春だと思ったら、秋だったのか。
何だか春っぽかったけど(笑)
季節はともかく、欧米っぽかった。欧米にありそうな穏やかな風景が浮かんだ。
シェフがサービスで爽やかデザートをくれたようなアンコールだった。


明日もサントリーホールで公演があるからなのか、今日はこれだけ。
あっさりと終わったので、観客も素直にさっさと帰り始めたけど、
楽団員の1人は遅くまで観客と握手していたし、10人くらいはステージ上に
長く残っていた。

珍しいこともあるもんだ、と思っていたら、なぜかかなり遅れて
ヤニックが登場。
もっと長くアンコール催促の拍手するべきだったのか?
でもオーケストラが退場し始めたんだから、終わりなんだよねぇ?

あれっ、ひょっとして、嬉しかったのかもしれない?
高い席も安い席も空きが目立っていた割に、拍手はとても大きかったし。
音響が良いから拍手も大きく聴こえるだろうけど、それ差し引いても
大きな拍手だったから。
何て面白い人なんだ(笑)


今までたくさんのコンサートを聴いてきたけど、タオルやハンカチで
汗を拭く指揮者は初めてだ。
楽譜の下やポケットにフェイスタオルを置いて、楽章の合間に汗をぬぐう
キュートなヤニック(笑)

そして、最後に登場したときもフェイスタオル片手にやってきた。
もしストライプのタオルとかだったら、完全に「部活後」みたいになっていたよ(笑)

嬉しくなって登場、手にはフェイスタオル、哀しみのコントラバス
(C.タモリ倶楽部)ともちゃんと握手・・・指揮者の人柄は、演奏以外の
場所に表われる。
ドゥダメルと大違いだナ。

ヤニック、今回もやっぱりイイ奴認定(二回連続)


毎回ハズレがないので、ヤニックの追っかけをやりたくなってきてしまった。
目指せ、ヤニックのグルーピー(笑)

彼はとても明るく面白いので、私もああいう人になりたい〜。



CIMG8385.JPG

CIMG8384.JPG
おめでとう!!!




・シベリウス: 交響詩「フィンランディア」 op.26
・プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19
・リムスキー=コルサコフ: シェエラザード op.35



・指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
・ヴァイオリン:五嶋龍
・管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団 


ミューザ川崎
B席 2RA(正面向かって右) 2階1列 19000円




CIMG8372.JPG
会場のミューザ川崎。
音が良い!
でもお客さんがモノを落とすと、その雑音までよく響いてしまい、演奏のいいところを
邪魔してしまうことがたびたびあるので、良すぎるのもなんだな。


CIMG8378.JPG
エントランス前には、こういうアート的なものや面白い彫刻があるので楽しい。
このお姉さんはとても歌がうまくて、さすがミューザ前で路上ライブするだけある。


CIMG8380.JPG

CIMG8381.JPG
館内も斬新デザイン。
時々、斬新すぎて変な建物がある。でもここはセンスが良い。


CIMG8393.JPG
公演カレンダー・パンフレットの表紙。
ワインヤードの会場は音が良い。
そしてカッコいい。


CIMG8383.JPG

CIMG8382.JPG
会場内を眺めるだけで楽しめる(写真撮影禁止です(ヽ´ω`)ごめんなさい)




タグ:クラシック

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする