2017年11月02日

旧街道の番組


20171101 内藤大助の大冒険 大いなる道をゆく(全6回)
http://www4.nhk.or.jp/P4648/

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92383/2383373/index.html


20171102 空から日本を見てみよう+
京都鯖街道 若狭湾から京都にサバを運んだ道
http://www.bs-j.co.jp/sorakara/bn245.html


2017 一本の道
http://www4.nhk.or.jp/ipponnomichi/


20171028 世界ふしぎ発見 
マチュピチュからナスカまで!インカ道 走って!歩いて!飛んでみた!
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20171028/p_1.html


2017  世界の街道をゆく
http://www.tv-asahi.co.jp/road/



posted by よしこ at 21:50 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

アリタリア航空のセール


20171022
メモ 


アリタリア-イタリア航空は2017年10月31日まで、ヨーロッパや中東行きのエコノミークラスを対象にセールを開催している。

往復運賃は、ヨーロッパ各地へ75,000円から、アンマン・アブダビ・ベイルート・カイロ・ドバイ・テルアビブ・テヘランへ120,000円から。燃油サーチャージと諸税は別途必要となる。

搭乗期間は2017年11月1日から2018年2月28日まで、12月29日と30日発は除外となる。旅行日数は5日以上21日以内。販売は出発の7日前まで。途中降機は往復各1回可能で、イタリア行きは1回20,000円、それ以外は1回目は無料、2回目は20,000円。東京/成田発が土・日曜とイタリア発が金・土曜は片道10,000円の週末追加料金が必要となる。予約変更や払い戻しはできない。

続きを読む

posted by よしこ at 18:35 | Comment(0) | 好きなものだけinヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

辻井伸行、ユロフスキ&ロンドン・フィル 日本ツアー2017


20171013

ぶらあぼの表紙、巻頭数ページ、巻末数ページ。
ここに載っているコンサートなら、ハズレは少ない!(; ・`ω・´)

それに、「あの」ユロフスキが「ついに」来日!!
という宣伝文句を読み、自分の経験値としばし相談。

辻井くんも生で聴いてみたいから、ちょうどいい組み合わせだと思った。



プログラム。
1と3は標題から悲しい。
2も、プログラムの解説によると悲しさがある作品だった。
(前作が酷評、スランプで作曲できない、精神科医の催眠療法で立ち直りこれを作った)

こう見るとどれも悲しそうな感じなのに、実際に聴くとそうでもないし。
鑑賞者の力が試される、それがクラシック!(; ・`ω・´)



1.ブラームス : 悲劇的序曲

 思ったよりも長く感じた。
 良い曲だし、演奏がうまい。
 演奏がとてもイケメン。
 ユロフスキの指揮はイケメン系なのか?



2.ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:辻井伸行)

 辻井くんの出だしの演奏が強く心に残った。
 ん?聴こえない?→聴こえた→凄く強く弾くなあ→心を揺さぶる。

 この曲は中盤が特に素晴らしいので、ついついそちらに注目してしまうけど、
 冒頭をどう弾くかでその後の印象も随分変わるのね。
 彼は自分の解釈にこだわりが強い?のか、それに合わせてかなり強弱を
 付けて弾いていた。
 早弾きはそれほど得意ではないっぽかった。
 若いし男だから、鍵盤を叩く力がすごくあるなぁ。

 隣の女の人は辻井くんのファンらしく、音が美しいと感激していた。
 そこまでは思えなかったんだけど、彼の一生懸命さあふれる人柄が
 ピアノで分かって良かった。
 まだ個性が強くないので、これからが楽しみ。

 日本人、若者、難聴、作曲も出来る、たくさんのファンやスポンサーや
 世界中の有名な音楽関係者が応援している。
 多面的な意味で、辻井くんみたいな人は世界でもっともっと活躍しなければ。



※アンコール ショパン : 革命

 辻井くんが弾いているのに、なぜか中村紘子の姿と演奏を感じていた。
 音がバラの花びらとなって飛び散るさまが見えた。




3.チャイコフスキー : 交響曲第6番《悲愴》

 有名なフレーズはチャイコ節で、バレエダンサーたちが踊る姿さえ
 自然に浮かんでくるし、やっぱりチャイコフスキーはいいな。 

 ラフマニノフとチャイコフスキーとコルサコフを生んだロシアって
 すげえ・・・。




ユロフスキの指揮はとてもかっこよくて、道の真ん中を歩くよう。

ロンドン・フィルハーモニーは、演奏がかなり上手い。
どの楽器のソロも「うまいなぁ〜」と関心して聴いた。
ある食べ物のあちらこちらをちょっとずつ試食してみたら、どこも美味しいみたいな。
ベルリンフィルやウィーンフィルなど他の有名オーケストラを聴いたときも
ここまでは感じなかったな。
トランペットの人は上手いし音がとても大きく出せて、むしろ目立ちすぎてたくらい。
みんな上手いのに、完全な一致団結ではないのも不思議だった。

あと、よく映画の音楽を演奏担当する、と説明されてるように、
世界レベルでレギュラーというかベーシックな重さ・軽さ。(ドイツ=重い)



無料のパンフレット。
先日の読響に続いて、今回も解説が素晴らしかった。
企画・製作はエイベックス・クラシック。



別プログラムの「マイスタージンガー」も聴いてみたかったなぁ。
この前バイエルン国立管弦楽団を聴いたばかりだから、さすがに本場には
勝てないか・・・?



素晴らしいコンサートだったけど、ヤニックの指揮やダニールくんの
ピアノの時は頭カラッポでただ聴くだけになっているな・・・。

「ヤニック〜!ダニールく〜ん!早く日本に来てよぉーー!」と、
ますます愛しさが募ってしまった。



アクトシティ浜松 大ホール 2階5列目中央
A席 19000円








posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ラスベガス銃乱射事件とアメリカ旅行計画


アナと雪〜のミュージカル公開が数年前から楽しみで楽しみで、
アメリカ嫌いな私さえニューヨークとかディズニーリゾートへ
行こうかと計画していたのに・・・。


ラスベガス銃乱射事件が起きた。
これはかなり私に大きく影響した。

普段、戦争やテロのニュースなどを聞いても、
逆に「観光客が減るから旅行のチャンスだ!」と喜ぶ私が、
「やっぱりやめておこうかな」なんて考え始めたんだから。



理由
@病気療養中で、春夏までそれが治るか分からない
 →一生懸命がんばってるけど、様子をみないと分からないもの。
  春夏が無理なら、秋冬は寒すぎるから、翌年になる。


A神経を抜いた歯がまた痛み出すのが怖い
 →1カ月のイタリア旅行中もずっとビクビクしていた。
  外国の医者は雑っぽいから、ぜったいにかかりたくない。
  旅行を2〜3週間へ短くすれば不安は減るけど・・・。


Bアメリカで病気になったら、保険かけてても医療費でかなり取られそう
 →特にNYは医療費がケタ違いらしい。これは怖い。


Cアメリカは面倒くさすぎる
 →ブロックごとに治安が違う、変な人が多い、
  安全の象徴ラスベガスさえ銃乱射事件で安全神話崩壊。


Dアメリカの観光はつまらなそう
 →テーマパークには行きたい。ミュージカルも見たい。
  行かないだろうけど、フィラデルフィアも良さそう。
  でもガイドブックを読む限り、それ以外はNYさえ退屈そう。
  何もない田舎でも自分なりに楽しんでしまう私が、つまらなそうと思う。



予想では、快より不快の方が多い。
アメリカでは、不快を知恵や経験で解決するのも難しそうだし、
お金で解決するのもあまりにもかかりすぎのでは?



こんなこと考えていたら、世界のどこにも、国内へも出かけることは
できないし、人がいない街道の峠とかにも行くほうがよほど怖いと
怒られそうだけど。



アメリカについては2泊しただけで、同室の女性と一緒に観光したりして
あまり情報や経験がない。
それなのに悪く言うのは良くないよね。


でも、そのわずかな2泊の経験が、判断の大きな助けになっているから
ありがたく思う。
航空会社のキャンペーンで、アメリカ経由ヨーロッパ行き航空券を
使っただけなんだけど、まさかそれが今回の見直しに役立つとはネー。


アナと雪〜もディズニーも、日本人は上級顧客なので、そのうち
ミュージカルが来日してくれるだろう。
それを待って、何公演も行った方がいいかな。


病気を治す期間をうまく使って、しばし考えよう。




続きを読む

posted by よしこ at 14:08 | Comment(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

祇園祭


20170713

X JAPANの大阪城ライブ。

どうせ開演は遅れるだろうし、終電には間に合わないと思い、
京都泊にしてちょうど開催されていた祇園祭にも行ってきた。

CIMG7444.JPG
メインストリート四条通りのいちばん山鉾


CIMG7455.JPG
天井絵や舶来の織物(タペストリーなど)を屋台に飾って、ご自慢するのだw


CIMG7450.JPG
玄関飾りの「ちまき」が販売解禁になったので、いちばん山鉾前に大行列する人々。
玄関だけでなく、デパ地下のお菓子屋の商品ケースにも飾ってあった。

いちばん山鉾のなら間違いがない、のかもしれない。
京都人がちまきでもマウンティングするのを想像してしまうw



CIMG7470.JPG
わき道に入ったら、小さな山鉾があった。
天女様がなかなか美しい。
しかし、人は少ないし、ちまきを買う人もほとんどいない。



CIMG7477.JPG
大原神社に宝物が飾ってある



CIMG7473.JPG
各山鉾とお宝は町内ごとで管理・運営されているそうで、いちばん山鉾には
倉庫があるのに、こっちの山鉾は町内のどなたか町内会長っぽい存在の人?が
預かるらしい。
いちばん山鉾とその他の格差が激しすぎる。


CIMG7478.JPG
頑張ってください!と、気持ちで「ちまき」を買ってしまった。
京都人でもないのに・・・。
800円なり。相場は500〜1000円らしい。


夏の京都には、人の気を吸い取る何かがいるに違いない。
百鬼夜行絵巻みたいなのが。
あまりにも暑すぎてギブアップ、京都水族館へ行く予定も中止。
文房具店巡りが出来たのは楽しかったから、ライブのおまけにしてはかなり満足して帰宅。


山鉾をホテルから眺めてみたい

あらかじめちょっとだけでも勉強してから行くべきよね。
かっこいいなと思う山鉾だけ見てもいいし、由緒や飾りについて知ってたほうが楽しい。
高くてもホテルから眺めるほうがいいかもしれない。



CIMG7993.JPG

CIMG7994.JPG

CIMG7995.JPG

CIMG7996.JPG


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする