よしこの旅ブログ > ミュージカル

2016年09月09日

ディズニー・オン・アイス2016 アナと雪の女王

20160909

ディズニーにはあまり興味がないんだけど、「アナと雪の女王」は大好きなので、
今回のディズニー・オン・アイスは絶対に行くんだと決めていた。
前日に下見に行ってきた。


〜ここまでの経緯〜

まず、1年位前に、オランダの知り合い(ディズニーファン)が「アナと雪〜」の
アイススケートショウに行ってきたよ、と言っていた。

そして今年の春にツインメッセ静岡でのイベント(ふなっしー出演)に行ったときに、
ディズニーオンアイスの宣伝コーナーを偶然に見つけ、決まり次第チラシを
送ってもらうように頼んでおいた。

チラシが届いたので、ネットでチケットを予約。
去年の来場者と同じように優先予約だったので、とてもツイていた。


プレミアムシートを買うと、1000円分の商品券がついてくるので、たまには
何か買ってみるかなとグッズをチェックしたら、Tシャツがある。

Tシャツを着て観に行くのも楽しそうだな〜と思い、前日に下見しにいった。



IMG_20160909_143106[1].jpg
裏のほうを通ったら、電源バッテリーがたくさんあった。
氷を作るから、これくらいは必要になるよね。


IMG_20160909_143123[1].jpg
電源バッテリー近くには雪があった。
どういう過程で雪が出来たのか、気になる〜。


IMG_20160909_143225[1].jpg
IMG_20160909_143313[1].jpg
セットなどを運ぶトラック。両面とも同じデザイン。
これが走ってるところを見たいなあ(*´ω`*)♡


IMG_20160909_143340[1].jpg
スポンサー?のトヨタの車。


IMG_20160909_143400[1].jpg
グッズの数々。表にはこういうのが2ヵ所あった。会場内にもあるかな?
どれも高いので、何を買おうか考えてしまった。

1000円ポッキリなのは、ハンドタオルくらいしかない。
1500円のパンフレットと、この写真のいちばん手前にある馬フィギュア1800円の
どちらにしようか迷いに迷った結果、パンフレットにした。
なぜなら、スタッフや裏話のことが書いてあったから。
やっぱり裏側まで知っておかないと、プロ観客は(笑)。

ちなみに、第一希望だったTシャツは、どれも生地が薄くてスケスケ。
着れないし、すぐダメになりそうだったのでやめた。


グッズ売り場のスタッフは外国人が多かった。
1500円のパンフレットで2000円取られた。
気づいたから良かったけど、適当だなあ。
グッズ売り場も簡単に組み立ててあるだけらしく、ちょっとした風でも倒れていた。
ここだけ日本じゃなくなっていた。
ディズニーとはいえ、世界中を巡業しているんだから、サーカス団みたいな感じか。



入口のスタッフが話しかけてきたので、ちょっと雑談をしていたら、
今日の初回公演前にミッキーが来ていたらしい。

いわゆる「スペシャル☆グリーティング」というものみたい。
次のツアーでもやりそうだから、ディズニーの大ファンなら公演初日に来るといいかもね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

20160910

公演当日。
昨日はグッズ売り場に誰もいなかったのに、今日はごった返していた。
昨日、スタッフが「グッズだけ先に買いに来るのはいいアイディアですね」と
言ってた理由が分かった。



CIMG9657.JPG
コスプレ・デーだったので、ちっちゃいエルサがたくさんいた。


CIMG9656.JPG
この馬も欲しかったんだよーー。


CIMG9658.JPG
エルサと記念撮影する小さいエルサたち。


CIMG9659.JPG
親たちは地味なんだよな〜。


CIMG9660.JPG
ゲートもあって、わくわくする。


CIMG9661.JPG

CIMG9662.JPG


CIMG9663.JPG
本格的コスプレイヤーが、アナのコスプレをしていた。エルサばかりの中、アナは珍しい。


CIMG9664.JPG
有料の写真撮影コーナーは2000円。高い!


CIMG9666.JPG
いよいよショーが始まった。


CIMG9668.JPG
ディズニーキャラクターは興味がない。特に男の子キャラには何とも思わなかった。
ミニーちゃんは可愛い〜って思ったので、女の子キャラは好きらしい。


CIMG9669.JPG
ファインディング・ドリーもこんな形で登場。
こういう謎めいたキャラクターがとっても気になる・・・。


CIMG9670.JPG
昨日、パンフレットで見て気になっていたいのししのキャラクターが登場。
みんなスケート履いてて早く動くので、撮影がとっても難しい。


CIMG9672.JPG

CIMG9674.JPG

CIMG9675.JPG
ミッキーとか素通りして、ずっといのししを見てしまった(笑)


CIMG9677.JPG
後ろにいるアリエルが、近頃?とっても人気らしく、アリエルーーって呼ぶ人が多かった。


CIMG9678.JPG
幼いクリストフとスヴェン。ちっちゃくてかわいい。スヴェンの中の人は1人。


CIMG9681.JPG
映画と同様に、アナは登場シーンが長いので、演技も長く、滑り続ける体力も必要。
FOR THE FIRST TIME FOREVERは最高だった。


CIMG9682.JPG
戴冠式のエルサ。


CIMG9685.JPG

CIMG9686.JPG
新女王誕生で、国はお祭り騒ぎに。
ライティングであっと言う間に明るくなったり暗くなったりして、効果てきめんだ。


CIMG9688.JPG
エルサが怒って、あっという間に氷の国になってしまった。


CIMG9691.JPG
大きくなったクリストフとスヴェンが登場。

雪がたくさん降ってきて、私の席にもちょっとだけ降ってくるほど。
滑るのが大変そうだなあ。


CIMG9692.JPG

CIMG9693.JPG
スヴェンの中の人は2人になっていた。
前の人がエンジン役で、後ろの人はそのスピードやバランスを取る役みたいだった。
その場でくるくる回転したりするけど、フィギュアスケートのペア演技並みに難しそう。
くるくるしてる時、中はものすごい状態になっているのでは?


CIMG9694.JPG


CIMG9698.JPG
氷のお城は、階段で表現していた。
LET IT GOが流れる。子供たちは歌うのか?と思っていたのに、特に気になるほど聞こえなかった。
音が大きくて聞こえなかっただけなのか、それとも私と同じように見入ってしまって歌うどころじゃなかったのか?


CIMG9701.JPG

CIMG9699.JPG
やっぱこのシーンいいね。
エルサは前半はそんなに出番はないので、ほぼ慣らしもないままこの曲を一人で滑りきらなきゃならないし、
振付も難しいので大変だ。

ここで前半終了、休憩。


CIMG9702.JPG
休憩に入った途端、屋台がぞろぞろとステージ前に登場した。
なんて商魂たくましいんだ、ディズニーよ・・・。


CIMG9707.JPG
しばらくしたら、こんな状態に。
私は最前列だったので、席に戻るのも大変苦労した。
まさかこうなるとは想像もしていなかったので・・・。


CIMG9705.JPG
休憩時間は、氷の上に積もった雪を掃除するおじさんの車が大活躍していた。
面白い仕事だなあ。


CIMG9703.JPG
この台からいろんな登場人物がスケートリンクに入っていくので、
すぐ近くに座っていた私は舞台裏まで良く観ることが出来た。

休憩も終わって、後半が始まった。


CIMG9708.JPG
後半からオラフが登場。
オラフが登場しただけで、会場が大爆笑だった。
他のキャラと違うんだよね。中に人が入るから仕方ないんだけど、あんなに大きいとは(笑)。

そして、いきなりバラバラになっちゃった。



CIMG9709.JPG

CIMG9710.JPG
目を拾って付けてくれるアナ(笑)。


CIMG9711.JPG

CIMG9713.JPG

CIMG9715.JPG

CIMG9714.JPG
SUMMERの場面は、今回もっとも目だった見どころ。
伝統のラインダンスもあった。


CIMG9716.JPG
宝石みたいな輝くセットが美しすぎる!
氷のお城で2人が再会するシーン。


CIMG9718.JPG
オラフが(笑)


CIMG9719.JPG

CIMG9721.JPG
帰る帰らないの押し問答の後、巨大なマシュマロウが現れた!
けっこう大きくて、迫力満点。
これがいるのといないのとでは全然違う。


CIMG9723.JPG
マシュマロウ登場の後は、映画と同じく急いで物語を進める感じなので、聴きどころになる曲もなく
ちょっと退屈だった。
アイスショーにしてもミュージカルにしても、この物語はここがネックになると思う。

この場面は、真実の愛を見つけて2人とも助かって、エルサが氷の魔法を解いて明るい国が戻ったシーン。
ライティングでまたパーッと明るくなった。



CIMG9725.JPG

CIMG9727.JPG
近くに来て手を振ってくれた。
うれしい(*´ω`*)♡


CIMG9728.JPG
さっきまでの氷の世界はどこに?と思うくらい、春みたいな光景になった。
スヴェンが引くそりももらえたし、めでたしめでたし。



000.JPG

公式の写真だと、どんな内容かもっと良く分かる。






〜お隣さん〜
私の隣にはカップルが座っていて、女の人はラプンツェルの完全コスプレを
していて凄かった。
周りの子供たちが着ているのと違い、生地の模様までしっかりしてて本格的。
聞いてみたら、このコスプレ衣装はどこかのブランドが特別に作った商品で、
普段は楽天とかで買っているらしい。

コスプレした子供たちが彼女の前を通ると、男の子は手を振ったりするけど
女の子たちはじっとにらんで勝った〜負けた〜と女ならではの醜い争いを
繰り広げていた。
でもお姉さんのコスプレは完璧なので、子供たちは到底勝てないのだった。
子供であっても女は怖い。

反対側に座っていた女の子は、親と一緒に来ているのに一人だけプレミアム
シートに座って観ていた。
休憩時間にポップコーンを買ってもらった以外は、ずっとそこに一人。
絶対に最前列で観たい!と譲らなかったのだろうか?
(予算の関係で、全員分は無理だったんだろうな)

一人でドキドキしながら座っていた私(その子の何倍も長く生きている)が
とってもチキンに思えて情けなくなったし、その女の子も凄すぎるんじゃないか?

プレミアムシートに座るコアなファンたち、いろいろドラマありすぎ。




〜反省点〜
いちばん前の席ならいちばん良く見えるだろうと思ってたのに、ライトが邪魔だった。
写真を撮ると、たいていそのライトが写りこんでしまうので、やる気も失せてしまった。

休憩時間に5列目くらいの席から眺めてみたり、その席の人に聞いてみた結果、
それくらいの席の方が良く見えるし写真も撮りやすいみたい。
憶えておこうっと。

まあ、写真撮影はヤボだなとも思ったけど・・・。
スケートで疾走する人たちをかっこよく撮るのは不可能なので、パンフレット買っておいて
良かった(馬にしないでよかった 笑)。

やはりこういう結果を予感してパンフレットにしていたのだろうか、私・・・?(笑)



〜印象に残ったこと〜
フィギュアスケートって、普通に滑れる人が少ないのに、こういうショーで観れて
嬉しかった。
映画館でアナと雪〜を見るよりも、音響が素晴らしいこちらのほうが何倍も感動した。


さやかちゃんの歌声に感動して泣き 。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

Love Is An Open Doorでは (; ・`ω・´)その男に近づいちゃダメだ!!と怒り

Let It Goでは、霧の中を舞うエルサのスケーティングにボーッとなり (・д・)

オラフのシーンはひたすら笑い (*´Д`*)

Fixer Upperでは、トロールたちの周りを転がる岩がどうなっているのか謎だった。

最後に姉妹が助かって抱き合うと、またもや 。゚(゚´ω`゚)゚。ピー


動画でちょっとだけ見た、アナと雪〜のプレ・ミュージカル(inアメリカ)よりも
こっちの方がひょっとしたらいいかもしれないと思うくらい、素晴らしいショーだった。


ツインメッセ静岡北館
南1列 左寄り (プレミアムシート) 8108円(1000円分の買物券付き)



タグ:演劇 ライブ

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

ブロードウェイミュージカル CHICAGO


20151213

シカゴを観るのは、東京で2〜3回目?
あとロンドンで1回。

シカゴの席は毎回良いので、私にはシカゴ運があるらしい。
今回は中央ブロックの端だったけど、とても近かった。

主演がシャーロット・ケイト・フォックスだと
アナウンスされた時、チケット取るのはやめようかと
思ってしまった。
朝ドラマ観てないし、特にファンでもないし、歌ってるのを
ネットニュースで観たけどそんなに上手くないし・・・。

でも、本場ものだから間違いはないだろう、と買ったのだ。

c.PNG


たくさんのキャストに紛れて、いつの間にかステージに
立っていたシャーロット。
思っていたよりも歌は普通に上手かった。
何でもできるのが普通なんだなぁ、と改めて思わされた。


しかし、肝心なのはヴェルマ役なのであり、それをかなり年上の
アムラ=フェイ・ライトが見事に歌い切ったのが感動した。
日本の歌手って、30歳くらいになると、マイク使っても
歌えないのに・・・この差はなによ。

ママ・モートンは、もっと張り切って威張ってくれても
良かったな。ちょっといい人すぎだった。


シーナ・アン・モリスという、褐色のキャストが大勢の中でも
目立っていた。スター性を感じる。

キャプチャ.JPG


この作品は映画化が大成功したので、映画でいいやと思わせない
ことが大事だと思う。
主役はもちろんだけど、特に旦那役は大変だと思う。


公演後に、主演の2人が着替えて舞台に登場し、
アフタートークをしてくれた。ラッキー!
国によって笑いのツボが違うのが面白いとか、
アメリカ公演では仲良くなる前に公演が始まってしまったとか
興味深い裏話が聞けた。
2人とも、とてもいい人たちのようだ。


1か月くらい昼夜逆転の生活になっていたので、
ときどき寝てしまった。
それでも観に行って良かった。

2015年は、このシアター・オーブで何度も何度も
ミュージカルとコンサートを観ることができた。
人生最高のミュージカル・イヤーも、まもなく幕を閉じる。


CIMG1906.JPG

CIMG1918.JPG



シャーロット・ケイト・フォックス [ロキシー・ハート]
アムラ=フェイ・ライト [ヴェルマ・ケリー]
トム・ヒューイット [ビリー・フリン]
トッド・ブオノパーネ [エイモス・ハート]
ロズ・ライアン [看守ママ・モートン]
D.ラテル [メアリー・サンシャイン]
ニコール・ブノワ
[ゴー・トゥ・ヘル・キティ、ロキシー・ハート代役]

ジョン・カンダー&フレッド・エッブ [音楽/脚本・作詞]
ボブ・フォッシー  [脚本/初演版演出・振付]
ウォルター・ボビー  [演出]
アン・ラインキング [振付]
ジョン・リー・ビーティ [舞台美術]
ウィリアム・アイヴィ・ロング [衣裳デザイン]
ケン・ビリングトン [照明デザイン]
スコット・レーラーグ [音響デザイン]
ラルフ・バーンズ [編曲]
ロブ・フィッシャー [ボーカル・アレンジメント]
デイヴィッド・トンプソン [脚色]
バリー&フラン・ワイズラー [製作]


東急シアター・オーブ
1階2列  S席 13000円


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

コルム・ウィルキンソン Broadway and Beyond Japan

20150419

「あの」コルム・ウィルキンソンが初来日するらしい。
行かないはずがない。ミュージカル大好きっ子だから。


canvas.jpg
楽しみだったので、公演日までピグをコゼット風にしていました。
課金無しで頑張った!



さて、公演詳細が決まって、まずざわざわさせたのがコレ。
スペシャルゲスト:アール・カーペンター





さらに公演間近になって、ざわざわさせたアールさんのツイッター。


アールさんの自撮りがこちらです(笑)




自撮りの舞台裏がこちらです(笑)




アールさんの性格がよ〜く出てて、いいな。

でも、コンサートではずっとマジメなイケメンだった。
歌ったら、やっぱり業界ナンバーワンだし。
ぜんぜん聴いたことない歌でも、素晴らしくて感激してしまった。


ゲストは他にもいた。

スーザン・ギルモアは超絶歌ウマで、安心して聴いていられた。
主役級を多く演じてきたらしく、ロンドンのミュージカルに
ときどきいるイマイチな若い俳優なんかもう見てられるか、と
思ってしまった。


ソロコンサートができそうなこの2人をお供にするなんて、
コルムくらいしかできないだろう。



あと、宝塚出身の則松亜海も日本人ゲストとして参加していた。
歌は上手いけど、高音部になるとすかさず裏声を使っていて、
すぐに「宝塚出身だな」と思ったら当たっていた。
裏声に逃げず、ボイストレーニングすべきだな。
コルムに、♪LET IT GOをリクエストされて歌ってたけど、
何だか可哀想だった。
あの曲、難しいしね。


そして、コルム・ウィルキンソンの歌。
冒頭の "Music of the Night" だけで、
「もうお腹いっぱいだよな」と隣の人たちも言うほど。

年齢が年齢(70歳くらい)なので、声量とか心配だったけど、
ロンドンのイマイチな若い俳優よりも上だった・・・。
肺活量どんだけなの〜と思うほど、ロングボイスだったし。
こういう人が何十年も有名舞台で主役をつとめるんだ。
私は確信した。

とにかく最初から最後まで飽きさせない。

"All I ask of you" アール&則松 。゚(゚´ω`゚)゚。ピー
何ていい曲なんだぁ〜


ミュージカル以外の曲は楽しめるのだろうか???という
不安も振り払い、"Tennessee Waltz"とか、ビートルズなど
みんなが知ってる有名曲を見事にカバー。

有名な曲をカバーすると喜ばれるけど、上手いか下手か
すぐ分かっちゃうので、本当は怖いんだよね。

ミュージカル本場で長年生き残る皆さんは、そういう曲も
自分の曲にきっちり仕上げていたので、曲そのものを
観客は楽しむことが出来た。


全ての曲が終わったとき、会場のほぼ全員が立ち上がって
大きな拍手をしていたのにはびっくりした。
今までいろんなエンタメを観に行ったけど、海外でも
こんな完全オールスタンディングは無かった。

今日は本当にミュージカル大好きっ子たちが会場に
集まっていたんだなあ。
みんなNYやロンドンなんて当たり前なんだろうなあ。



参考になったブログ(ありがとうございます)
http://niwaka-musicalfan.blog.jp/archives/27593136.html



東急シアターオーブ 1階15列 12000円

特設サイト
http://cwbbj.com/

梅田芸術劇場
http://www.umegei.com/schedule/451/index.html

イープラス
http://etheatrix01.eplus2.jp/article/413109573.html



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

ビリー・エリオット ミュージカル・ライブ

イギリス

3年前にロンドンで観たミュージカル。
映画とミュージカル、どちらも名作だけど、ミュージカルの方が明るめ。

さすがの舞台装置や、空を飛ぶシーン、質問はありませんのシーン、
ヘッドライトを付けて男たちが地面に沈んでいくシーンなどは覚えていた。
でもそれ以外はかなり忘れてて、自分でもびっくりした。

オーディションの最後、あんなに激しく踊っていたっけ?
CATSを観た時と同じく、「ダンサー殺しだ」と恐ろしくなった。
あんな振り付けを「やれ!」と言うスタッフが怖い。
バレエよりも大変そうだった。日本人にはとても踊れない。

何となく聞いていた台詞も、今回は字幕付きでよく理解できたし、
方言の違いやゲイとかオカマとかのネタなど、何だか本当にイギリスっぽい。

アン・エメリーおばあちゃんの股割りやタップを再び、と期待していたけど、
椅子に座っていてやらなかった。歌えるだけでも凄いんだろうけど、
やっぱりもう難しいのかしら?
それよりも、かなり美脚だということに気づいてしまった。

初代リアム・ムーアは、フリーの俳優&バレエダンサーとして、マシュー・ボーン系で
活躍しているらしい。さすがにプロだけあって、子役ビリーより華やかで目立っていた。
しかし、子役ビリーだって負けてなかった。それも凄い。さすがイギリス!

これからも注目していきたいのは、友達マイケル役のZACH ATKINSON。
踊りが上手くて演技も達者。スターという感じだ。まめにチェックしよ〜。


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする