よしこの旅ブログ > クラシック・コンサート

2016年06月04日

ヤニック・ネゼ=セガン、五嶋龍、フィラデルフィア管弦楽団

20160604


久しぶりのミューザ川崎。

そして、久しぶりのヤニック・ネゼ=セガン!
前回は初来日、今日は2度目。


初来日の時にイイ奴認定して以来、METライブビューイングなどで
機会があれば出来るだけ聴いたり見たりしている指揮者に。

もともとコロコロしてるけど、今日は「前より太った?」と思ってしまった。
まあ、それでもとってもキュートだ。


1曲目、シベリウス「フィンランディア」
コンサートで頻繁に演奏されるのか、それとも私が選んでしまうのか。
よく演奏される曲。

始まってからふと気づいた。
ティンパニが大活躍だということに(笑)

私はパーカッションが笑いのツボになってしまっているので、
前方の弦楽器&管楽器は普通に見ていられるのに、
パーカッションを見るときは必死に笑いをこらえている。

特にティンパニの演奏がツボで、ドドドドド・・・と勢いよくたたいていたりすると
それだけで興奮してしまうのだ。

ティンパニ3つを行ったり来たりして忙しく演奏していたので、
面白くて面白くて・・・しかも、休みのときはティンパニに耳をあてて
音の狂いを修正していて、それもかなり面白い。
奏者がいい演奏をすればするほど、私は笑いがとまらない(笑)


曲が勢いづいてくると、北国フィンランドの海にありそうな波が。
ある程度一定の大きさ・間隔でやってくる波だ。
恐怖と、まもなく何か起こりそうなドキドキが交互に波のようにやってくる。
ドカンドカンとした大音量の演奏ではなかった。
深さや広さが感じられ、1曲目からこんな素晴らしいものを聴けるとは・・・。



2曲目、プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」 五嶋龍
少し前にNHKのクラシック番組で五嶋龍が紹介された時、
ツイッターでたいそう盛り上がった。
カッコいいとかいい体してるとか(笑)
武道にも励んでいたらしい。

選曲のせいかもしれないけど、うーん、やっぱり体育会という感じの
ヴァイオリンだった。
あんまり色っぽくないんだよね。本人は色気はあるほうだと思うんだけど、
演奏にはそれがあまりなかった。

しかもアンコールなし、みんなで「え〜っ?!」


ちょっと不思議で難解な曲。
なぜか天使やら空飛ぶ霊的な存在がバトンタッチしたときに
音が鳴り、それが連なって1曲になってるな〜と、おかしな感想が
頭に浮かんだ。

ヤニックの指揮の特徴は、一瞬まで大事にして手を抜かないことかな。
前回の諏訪内さんとの共演の時も、本当にぴたっと合わせていたし、
各楽章が終わるたびにぴたっときちっと終わらせるので、こちらまで
集中してしまい、終わると「ふぅ〜っ」と疲れの溜息が出てしまう。

どの指揮者でも、中だるみとかイマイチな瞬間はあるのに、ヤニックの
指揮ではほとんどないから、集中力と粘り強さがハンパないんだろう。
す、すごい・・・。

そしてオーケストラも指揮者も一体化しているから、いい演奏なんだと思う。


3曲目、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」
この曲は指揮も演奏も大変そうだった。
出だしはそうでもなかったけど、早くも「あれっ?もうメインディッシュか?」
と思うような演奏になった。
中盤はまあ普通に進み、その短い時間が過ぎると、最後までなかなかの
山あり谷ありな曲で、多面的に演じなければならない。

この曲はヤマカズ(山田和樹)指揮のを聴いたことがあるけど、
まるで別の曲になっていたので、驚きがとまらない。

ヤマカズのは、中東が舞台の割に作曲者の故郷ロシアっぽく、音はとても綺麗。
ヤニックのは、中東が舞台の割にもっと広い地域まで含めた世界共通の雰囲気。
乾燥した感じはなく、かといって自然や田舎でもない、むしろ(フィラデルフィアみたいな)
都会らしいものだった。

汗を拭き拭き指揮するヤニック。

冒頭では、頭の中に昼間と夜の境目が広がった。
朝焼けなのか、夕焼けなのか。
朝焼けなら、今日も刻々と千夜一夜は刻まれていく。
夕焼けなら、あぁ、また怖いいつもの時間がやってくるよ。

千夜一夜の物語のページがめくられていくのか、バラエティにあふれた
曲が次々と演奏され、どれもとっても美しかった。
特に後半になるほど美しさは増して、深〜く聞き入ってしまった。

聞き入ると目をつぶってしまう。
いかん、ヤニックを見れる機会は滅多にないんだから、目を開けていなきゃ。
そんな戦いをしながら、目をあけたり閉じたりして聴いた。

凄く美味しい食べ物を口に入れると、うーん美味しい、と目をつぶって
口の中にホワーンと広がる味を感じようとする。
今日の演奏でも同じようなことが起きた。
美味しいものを食べたときと同じようなホワーンが来たのだ。
どうやら最高に良い音楽は味がするらしい。
でも味覚で感じているわけではないので、舌に残るみたいなのとは別の感覚。

「こんなに幸せな状態なら、このまま死にたい」と思うほど、
素晴らしい演奏だった。
よく役者が舞台で死にたいって言うけれど、客席で死にたいと思うレベルまで
来れたようだから、ついに一人前のプロ観客だなっ(笑)

3曲とも終わってしまったら、寂しくなった。
もうご馳走を全部食べ終わっちゃったみたいで。



アンコール直前に、ヤニックが日本語に挑戦していた。

ヤニック「ありがとう」→観客「わーーっ(*´ω`*)(*´ω`*)」
ヤニック「????(私は聞きとれなかった)」→観客「わーっ(*´ω`*)」
ヤニック「春ナントカカントカ(私にはこう聞こえた)」→観客「は???(´ε`; )」
・・・観客を置いてけぼりにしたままアンコールへ突入(笑)



アンコール、グラズノフ 「四季」から「秋」小さなアダージョ
春だと思ったら、秋だったのか。
何だか春っぽかったけど(笑)
季節はともかく、欧米っぽかった。欧米にありそうな穏やかな風景が浮かんだ。
シェフがサービスで爽やかデザートをくれたようなアンコールだった。


明日もサントリーホールで公演があるからなのか、今日はこれだけ。
あっさりと終わったので、観客も素直にさっさと帰り始めたけど、
楽団員の1人は遅くまで観客と握手していたし、10人くらいはステージ上に
長く残っていた。

珍しいこともあるもんだ、と思っていたら、なぜかかなり遅れて
ヤニックが登場。
もっと長くアンコール催促の拍手するべきだったのか?
でもオーケストラが退場し始めたんだから、終わりなんだよねぇ?

あれっ、ひょっとして、嬉しかったのかもしれない?
高い席も安い席も空きが目立っていた割に、拍手はとても大きかったし。
音響が良いから拍手も大きく聴こえるだろうけど、それ差し引いても
大きな拍手だったから。
何て面白い人なんだ(笑)


今までたくさんのコンサートを聴いてきたけど、タオルやハンカチで
汗を拭く指揮者は初めてだ。
楽譜の下やポケットにフェイスタオルを置いて、楽章の合間に汗をぬぐう
キュートなヤニック(笑)

そして、最後に登場したときもフェイスタオル片手にやってきた。
もしストライプのタオルとかだったら、完全に「部活後」みたいになっていたよ(笑)

嬉しくなって登場、手にはフェイスタオル、哀しみのコントラバス
(C.タモリ倶楽部)ともちゃんと握手・・・指揮者の人柄は、演奏以外の
場所に表われる。
ドゥダメルと大違いだナ。

ヤニック、今回もやっぱりイイ奴認定(二回連続)


毎回ハズレがないので、ヤニックの追っかけをやりたくなってきてしまった。
目指せ、ヤニックのグルーピー(笑)

彼はとても明るく面白いので、私もああいう人になりたい〜。



CIMG8385.JPG

CIMG8384.JPG
おめでとう!!!




・シベリウス: 交響詩「フィンランディア」 op.26
・プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19
・リムスキー=コルサコフ: シェエラザード op.35



・指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
・ヴァイオリン:五嶋龍
・管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団 



ミューザ川崎
B席 2RA(正面向かって右) 2階1列 19000円




CIMG8372.JPG
会場のミューザ川崎。
音が良い!
でもお客さんがモノを落とすと、その雑音までよく響いてしまい、演奏のいいところを
邪魔してしまうことがたびたびあるので、良すぎるのもなんだな。


CIMG8378.JPG
エントランス前には、こういうアート的なものや面白い彫刻があるので楽しい。
このお姉さんはとても歌がうまくて、さすがミューザ前で路上ライブするだけある。


CIMG8380.JPG

CIMG8381.JPG
館内も斬新デザイン。
時々、斬新すぎて変な建物がある。でもここはセンスが良い。


CIMG8393.JPG
公演カレンダー・パンフレットの表紙。
ワインヤードの会場は音が良い。
そしてカッコいい。


CIMG8383.JPG

CIMG8382.JPG
会場内を眺めるだけで楽しめる(写真撮影禁止です(ヽ´ω`)ごめんなさい)




タグ:クラシック

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

モスクワ国立交響楽団、パヴェル・コーガン、ダニール・ハリトーノフ

20160209

アクトシティ浜松に来たばかりのダニール・トリフォノフが、
また同じ場所にもう来るらしい。
これは聴きに行かなければ!と急いでチケットを確保してから
間違いに気づいた。

同じダニールでも、今度来るのはダニール・ハリトーノフだった。
し、しまったーーーー。

ま、ロシアのダニール君&楽団だから、大丈夫だろう。
ロシア音楽界への信頼は厚い。
・・・と自分に言い聞かせながら、アクトシティへ。

中ホールって、来たことあったかな?
あったとしても、2階席は初めてだ。
今年は音楽の出費を控えるため、安い席にしたんだけど、
まさかこういう席があるとは〜。

CIMG2979.JPG
普通に座ると、何も見えない。

CIMG2977.JPG
前かがみでかなり近く見えた。

CIMG2978.JPG
右にはパイプオルガン。なんか管が突き出てるし。

CIMG2980.JPG
ヨーロッパを思い出す豪華な天井



1曲目 グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲

勢いづけにちょうどいい感じの曲調。
まだまだ知らない曲が世の中にたくさんあるな。
指揮者パヴェル・コーガンは、著名な楽団と共演が多く実績ある
らしいけど、普通のおじさんっぽさが親しみやすい。


1曲目終了後

第1ヴァイオリン側が退場して、5人くらいの男たちが椅子をどかし、
後ろに置いてあったピアノをゴロゴロとステージ中央に運ぶ。
指揮台の方角も変えた。

セッティングまでコンサートの演目のようで面白かった。
私の席からは良く見えたので、今回は当たり席だったかも。


2曲目 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

ダニールくん登場!
若い、ブロンド、ピアノうまい。
それだけで華やかになるからいいね。

チャイコフスキーは大好きだから、聴けるだけで嬉しい。
でも、指揮者やピアノを見ていたら、この曲って
ものすごく難しいんじゃないかと思った。

簡単な曲なんてないけど、少なくともスラスラとか
楽しみながらできる曲ではないな。

ダニールくんは男で力があるし高校生くらいの年齢なので、
弾き方が若いのは仕方がない。
音符が連続した部分では、音が残りすぎてたくさんの音が
重なってごちゃごちゃしていた。

もう一人のダニールなら、または中村紘子ならここをどう弾く?
(こういう妄想に現れるアーチストこそ、力があるもの)

演奏後、ダニール君は、深く頭を下げた後、指揮者に
感謝を示すために指揮者の手を取って頭上に高く上げた。
「この曲では自分が主役なのに、指揮者をたてるとは偉い」
と思っていたら、そのあと戻ってきた時は楽団員全てを
起立させて功績をたたえていた。

全曲終了する前に起立を促されて拍手喝采を受けることは
滅多にないし、そうさせたのが若いピアニストだったので、
楽団員はあまりに意外な出来事に動揺していた。
ステージ上がざわざわしていたのを、2階席の私は
見逃さなかった(笑)

ピアニストとしての技量はまだ途上だけど、あの性格の
良さは天下一品だし、ドゥダメルはぜひ見習ってほしい(笑)
応援したくなるピアニストだ。


3曲目 チャイコフスキー 交響曲第5番

この曲には「知ってる知ってる」というメロディーは無かった。
でも、なぜか飽きもせず、つらつらと、時々噛みしめるように
聴くことができた。

指揮者パヴェル・コーガンが一生懸命ていねいに指揮してて、
あぁ、この人は本当に音楽が好きなんだなあと思った。
カリスマ指揮者じゃないけど、なんか信頼できるよね。


私はつまらないと感じるとオートスリープモードになるし、
開演直前に食事したので、いつ眠ってもおかしくない。
眠くなる条件がそろっていても寝なかったのはかなり素晴らしい
演奏だったということだ。

音が大きくなる部分があり、「マーラーみたいに面白くなる?」
とわくわくしたけど、チャイコフスキーの大音響に面白さは無く
いたって真面目だ。
何が違うのか??!!謎が増えてしまった。


いろんな楽器のソロパートがある曲で、それぞれのリーダー
格の人の演奏が聞けた。
どのパートの人も上手いなあ。

言い換えると、この楽団はソロはとても音が良い。
でも全体力というか強い団結力はあまりない気がする。
まあ、ロシアだからいいにする(笑)



アンコールは3曲


2階からだと、指揮者の横に置いてある楽譜が見える。
それがなくなるまでアンコールが続いた。

アンコールは、なぜか管楽器はお休みの曲が多かった。
弦楽器ばかりが休みもなく忙しい。
管楽器は3曲目で大変だったから、休憩なのか?

全ての演奏が終わり、お仕事が終わるなと思った
笛チーム(ステージ中央)がお互いにねぎらいの
握手をしあっていたのが心温まる光景だった。
忙しいツアーだけど、ガンバレ!!


2階席はオーケストラの一員の気分になれるから、
音楽を楽しむ以外にもたくさんのことが経験できた。
くせになりそう〜。


CIMG2981.JPG



・指揮:パヴェル・コーガン
・ピアノ:ダニール・ハリトーノフ
・モスクワ国立交響楽団


光藍社 http://www.koransha.com/orch_chamber/moscow_orch2016/


アクトシティ浜松 中ホール

C席 2階R1列 かなり前の方 5000円


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

山田和樹 マーラー・ツィクルス第4回

20160130

1年ぶりのオーチャードホール。
あれ?1年ぶりだよね。他で来てないよね。
いろいろ見てるので、分からなくなってしまってる。

今回はなんと1度も予習なしで挑戦だ(笑)

CIMG2832.JPG
ヤマカズ〜♡



1曲目「系図 ―若い人たちのための音楽詩」

家族=温かい、というステレオタイプなイメージなんか
微塵もなく、かと言って家族=実はそんなにいいものでも
ないんだよ、に偏りもせず。
ただある少女が思ったこと、つまりその少女にとっての現実が
言葉になってて、それが編集され音楽がつけられている。

でも、その詩(谷川俊太郎・作)の組み合わせと曲調が、
監督・武満徹の狙い通りになってるのか、とんでもない怖さだった。

ギャーッと声に出して叫びたいんだけど、怖すぎて
心の中で感情だけでギャーッととどめるしかなかった。
「サイレント・ギャーッ」だ。

詩の朗読をした少女は、声がとても良かった。
暗譜だったせいか、1か所間違えていた、ドンマイ。


2曲目「マーラー 交響曲 第4番 ト長調」

第3番までよりも小作品なのか、とてもあっさりしていた。
大人しい曲だったけど、2回ほどマーラーらしい大音響な
盛り上がりがあり、それが来そうな予感がするとわくわくした。
クラシックなんだけど、アミューズメント感覚で聴いている(笑)

1曲目がかなり衝撃的だったので、今回は第4番に助けられた。
ありがとう、マーラー(笑)



今回も隣にはあの細い人が座っていた。
全9回、お隣さんだな、と確信した。

ちょっと変な人がうろうろして近くの席に移ってきた。
隣の人は迷惑そうだった。可哀想に。
隣の人次第でコンサートの印象が変わる。



日本フィルハーモニー交響楽団

武満 徹 : 系図 ―若い人たちのための音楽詩
      ナレーター:上白石萌歌

マーラー : 交響曲 第4番 ト長調
      ソプラノ : 小林沙羅


bunkamura
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/16_mahler_4.html
     
第4番の曲目紹介
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/15_mahler/introduction4.html


1F14列 6300円


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

リベラ〜クリスマスツアー2015 天使のくれた奇跡

20151223

久しぶりのリベラだぁ。
チケットが優先予約で買えたのは嬉しい。
実績あるファンのために、こういうサービス良い。

新曲とかCDとか、何も聴かないままなのはいつも通り。
でも、相変わらずリベラ・ワールド全開で素晴らしかった。

4列目だったので、リベラはもちろん指揮者の楽譜まで見えたし。
指揮者が子供たちにニコニコしながら演出の指示をしてて、
きっとみんなこの先生のこと好きなんじゃないかなと感じられた。

実はそんなに歌が上手なメンバーはいないようだね。
だからごく少数のメンバーがとても頼りにされている。
ばりばりのプロ志向ではない少年たちの資質を見抜いて
うまくまとめ上げる手腕。


私は他の少年合唱団は聴かない。
合唱そのものにあまり興味もない。
でも、リベラだけは別。
有名な曲を歌っても、リベラのものになってる。
きっと指揮者の先生の音楽の世界観がいいのだと思う。

あと、バックミュージシャンたちがめちゃめちゃ達人だった。
演奏6:リベラ4と言っても過言ではない。


この会場で、昼夜の2公演。
私が聴いた夜公演が千秋楽だったらしい。
ラッキー!
子供だから、さすがにクリスマス・イブは家族と過ごしたいもんね。


[演奏曲目]
ジョイ・トゥ・ザ・ワールド
サンクトゥス
プレイヤー
きよしこの夜
ステイ・ウィズ・ミー
ウェックスフォードのキャロル
キャロル・オブ・ザ・ベルズ
エクスルターテ
天使のくれた奇跡
リベラ
* * * * *
荒野の果てに
生命の奇跡
サルヴァ・メ
もろびと声あげ
主よ、御許に近づかん
喜びの歌

この後サイン会で、ものすごい長い行列が出来ていた。


久しぶりのオペラシティだったけど、東京の高速道路って
何度見ても怖いな。知らない場所だし夜だし不安倍増だった。
CIMG2324.JPG


CIMG2334.JPG
クリスマスツリー。この像は昔も見たので懐かしかった。


CIMG2336.JPG

CIMG2342.JPG

CIMG2344.JPG

CIMG2366.JPG
館内は撮影禁止だけど、そんなこと知らない。
撮らずにいられるか〜。


タケミツ・メモリアル・ホールには初めて来たんだけど、
すごいね、この個性!
CIMG2365.JPG

CIMG2364.JPG
ホールの後部


CIMG2363.JPG
ステージ側、パイプオルガンと天井


CIMG2362.JPG
4列目からの眺め


音響は、ミューザ川崎とかサントリーホールの方がいい気がした。
でも比較できるもんじゃないな、このホ−ルは何か特別。


東京オペラシティ コンサートホール
1階4列 8000円


カジモトHP
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=520

ファンミーティング
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1512221026/


posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ハンヌ・リントゥ、諏訪内晶子、フィンランド放送交響楽団


20151103

昨日はアクトシティ、今日はグランシップ。
東へ西へ、演奏会移動。


グランシップ中ホールのいちばん良さそうな席になり、嬉しかった。
座席によって、同じコンサートでもずいぶん印象が違うものだ。


1曲目、いきなりメインディッシュみたいなフィンランディア。
でも短い曲だから、メインで演奏されることは少ないのかもしれないな。
怒りと人間の動きが目に見えるような曲で素晴らしい。

どうしてもダイ・ハード2を思い出してしまう。
今回も飛行機のシーンを思い出しながら聴いてしまったけど、
映画観てると気づかないが、生演奏を聴きながらだと、
映画の内容と合わないんじゃないか?と思えてきた。


2曲目、諏訪内さん登場〜♪
こんな地方都市で、諏訪内さんを見れる幸せ♡
今日も黒のラメ入りドレスで美しかったし、何より存在感が美しい。

フィンランディアしか知らないで来てしまったけど、
2曲目もとても楽しめたから良かった。

ソロだけとかソロ+楽団というパターンは良くあるけど、
今回はソロ/楽団という、(対立ではなく)別々の音楽の塊に分かれて
1つの曲を演奏しているような場面があった。

諏訪内さんはハズレがないなあ。


3曲目も知らない曲だった。
それでも大丈夫だろうと思っていたけど、個人的にはあまり理解できず。


シベリウスの音楽を聴いて、北欧の個性を考えた。
(乗り継ぎ含めて)4か国とも行ったことあるけど、音楽だけで考えた。
ドイツは音楽、ロシアはこってりした演歌、フランスは遊び、イタリアは
歴史があるから多彩。


昨日、完璧なチェコフィルを聴いたばかりだったので、
フィンランド放送響はちょっとだけイマイチに感じてしまった。
時々ばらつきがある。

指揮者のハンヌ・リントゥは背が高くて細くて、よく動くので運動量が
とても多い。
昔飼ってたカナリアが、小さくて細くて牛若丸のように
ずっと飛び回っていたのを思い出した。
細い⇔運動する、の無限ループを、彼にも感じた。
インタビューにもよく運動しているとあったので、私の勘はあっていたようだ。
さっぱりしていい人という雰囲気だった。


CIMG1193.JPG



<ザ・シベリウス・プログラム>
交響詩「フィンランディア」Op.26

ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47

交響曲 第2番 ニ長調 Op.43



ハンヌ・リントゥ(主席指揮者)  インタビューhttp://www.granship.or.jp/news/news.php?id=1175
諏訪内 晶子(ヴァイオリン)
フィンランド放送交響楽団

グランシップ中ホール






1階7列 S席 12300円



タグ:クラシック

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする