よしこの旅ブログ > バレエ

2014年09月22日

白​鳥​の​湖​〜『パリ・オペラ座へようこそ』ライブビューイング2013〜2014

カール・パケットが!

アニエス・ルテステュは、白と黒の2種類の白鳥を見事に
演じ分けていた。
美しくて悪いブラックスワンって魅力的ね。

ジョゼ・マルティネズは、バレエは上手くても華が足りない。
でもヘタレ感がとても出てて良い。

今回の主役は、カール・パケットだった。
クールでかっこい〜。衣装も豪華なので、ますます引き立つ。
なのに、踊りはスケールが大きくなくて、そのあと息切れ?していたぞ。
有数のバレエダンサーだけど、俳優向きなのでは?なんて思ってしまった。

舞台そのものを観るよりも、このライブビューイングのほうが
物語を深く楽しめたし、意味も良く理解できた。
テーマを伝えるのに、今どきの物語は枝葉が多すぎるけど
古典はシンプルでいて深い。

http://www.opera-yokoso.com/program/index.html#p05





posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

ラ・シルフィード〜パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012〜2013 

楽しくて哀しい物語

特別上映になるだけあって、夢のようなキャストと物語で楽しめた。

フィクションの中に、現実にありそうな怖い教訓が示されてて、楽しいのに怖くて哀しかった。
特に、妖精が死んだところに、花嫁になるはずの女性が他の男に「かっさらわれ」ていくところ。

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

ウクライナ国立バレエ(キエフ・バレエ)「白鳥の湖」

20140110

ポンパレは、エンタメ系はお得感いっぱいなので、ときどき検索している。
今回の公演も半額以下になっていたから、迷わず購入〜♪
交通費はかかるけど、バレエを東京・・・特にBunkamuraで観てみたかったのだ。


はりきっていたのに迷ってしまって、交番で道を尋ねてしまった。
渋谷は苦手なのに、センター街の突き当たりまで初めて行ってみたりしちゃったから。

東急はすぐそこだったけど、逆にお巡りさんに質問されてしまった。
「今日は東急やBunkamuraで何があるの?」
私の仲間が多いらしい・・・どうやらおのぼりさんが多い公演になりそうだ(笑)。


振付・演出:V.コフトゥン
芸術監督:アニコ・レフヴィアシヴァリ
指揮:オレクシィ・バクランほか
演奏:ウクライナ国立歌劇場管弦楽団


バレエは、今までロンドンと地方公演で2回観ただけだから、何も知らない。
白鳥の湖はオーケストラのコンサートのためにちゃんと予習したことがあるけど、
もうすっかり忘れてしまっていた。

だいたいのあらすじしか分からないまま観てたら、上京の疲れでグウグウ・・・。
特殊能力で、見どころになるとムクっと起きて観て、またグウグウ・・・。

結局、何だか良く分からないまま終わってしまった。
素晴らしかったんだけど寝てたので、満足感が半減〜。


オーチャードホールは広いので、1階の真ん中あたりの席でも遠かった。
それでも、生演奏つきでお得感いっぱいな公演だった。
クラブツーリズムは狙い目かもしれない。


Bunkamuraオーチャードホール
クラブツーリズム貸切公演 実質S席12000円→5000円










posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

マニュエル・ルグリ「こうもり」

20120505

生まれて初めてバレエ舞台を見に行った。
愛知芸術劇場。演目は「こうもり」。あらかじめDVDで予習した。

8.jpg

有名なルグリが助演。しかし、ルグリが道化役には格好良すぎて、
まるで別の物語になっている感じ・・・。
格好よすぎてミスマッチってこともあるんだなぁ。

前方がガラガラだったので、両隣の席のお姉さん2人や
東京でも観たというコアなおじさんファンと席を移動した。
初対面なのにワイワイ話せたのが楽しかった。

帰りに、ユーハイムのレストランで、肉のパイ包みとバウムクーヘンを
食べたし、とても良い1日だった。

posted by よしこ at 06:51 | Comment(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする