よしこの旅ブログ > その他

2014年12月30日

ANA国際線特典航空券の利用条件変更


変更についての概要・・・ファースト&ビジネスが改悪、必要マイル数増加、らしい
https://www.ana.co.jp/amc/news/info/201411/kokusai_revision/


必要マイルチャート
https://www.ana.co.jp/amc/news/info/201411/kokusai_revision/pdf/chart_141208.pdf#page=1
【シーズンチャート】


1.jpg

2.jpg








posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

道楽者の2015年抱負


ブロードウェイでは、「アナと雪の女王」のミュージカル企画が進行中。
わくわく〜(^ω^)
実現したら、苦手なアメリカにも遠征しちゃうぞ。
好きというパワーはすごいヽ〔゚Д゚〕丿


フムフムだったブログ↓


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


日本にもミュージカルの嵐がやってくる!
目白押しだっ。
アナと〜のヒットで、「日本人もミュージカルを受け入れるんだ!」と
プロモーターたちが気づいたんだろうな。
嬉しい・・・けど、やっぱり本場で観たい。
観客・劇場・休憩中のアイスクリームまでは、日本には来ないもんね。
そういうのもあってこそのミュージカルだと思う。










posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

賢い国の条件

実際にその国に行ってみたら、思ってたのと全く違った!と思うことがあるでしょう。

「思ってたよりも良かった」なら嬉しいけど、逆だったら最悪・・・。


「こんなはずでは〜」を少しでも減らすには、どうしたらよいのか?

それは、旅行に良いイメージだけ持たないこと。
日本と比べれば、どの国も不便極まりないのだ。

その国が日本に比べてどれだけのレベルなのか、あらかじめ目安をつけておくべし。
その方法を私の知る限りでお伝えします。


※独断と偏見ですが、経験から作った基準を私は信じているので、
  どうぞ大目に見てください(笑)。



出発前-----------------------------------

【郵便】
 ・郵便物お届け日数が短い国ほど賢い
   例:ヨーロッパ地区・・・○イギリス、ドイツ、北欧  ×スペイン、ロシア
     日本から近いのに遅い国は× 中国、韓国

 ・郵便物が紛失する国ほど×  ×エジプト、東ヨーロッパ、ロシア方面

【文通】
 ・文通が長く続く人が多い国は賢い
   ×アフリカ、アジア、中南米、ロシア、意外とフランス、意外とスイス

 ・文通人口が多い国は賢い
   ○ドイツ、イギリス
   ×アフリカ、アジア、中南米

【パンフレット】
 ・旅行会社で、パンフレットにたくさん載っている国ほど賢い
   ×ロシア、アフリカ、中米
   ただし、エジプト、南米遺跡関係は除く



その国へ到着後--------------------------

【空港施設】
 ・エレベーター、エスカレーター、その他旅行者が確実に利用するものが使えない状態の国は×
   ×ロシア、フランス、スペイン

【空港入国審査の職員】
 ・明るく冗談を言ってくる or 冗談が通じる なら賢い。暗ければ暗いほど×
   ○イギリス、オランダ、アメリカ  ×ロシア

【空港のスーパー】
 ・物価はまずスーパーで水とパンの値段を見れば目安がつく。空港のスーパーは高いので、市内ならそれ以下の物価。

 ・空港にスーパーがあれば賢い。明るくて分かりやすい場所にあるほど良い
   ○オランダ、トルコ、タイ

【鉄道駅】
 ・ホームで待つ間、壁や電車に落書きを見ないほど賢い
   ×フランス

【自動販売機】
 ・自販機があるなら賢い。故障したままなら×
   ○イギリス、ドイツ、トルコ
   ×フランス
 
【マクドナルド】
 ・世界中にあるので、とても分かりやすい指標になる。

 ・客が注文を間違えたり、分からないことがあって質問しても、トラブルにならない国は賢い
   ○オランダ、イギリス
   ×フランス、スペイン

【質問の答え】
 ・「私は分からない。あそこで聞けば良い」と解決方法まで教えてくれるなら賢い ○イギリス

 ・PCやスマホで検索してくれる国は賢い(解決方法に気づく) ○イギリス、オランダ

 ・「案内してあげます」と一緒に歩いて連れてってくれる国は、賢いというよりも親切 ○エジプト、トルコ、ドイツ

 ・「知らない、分からない」としか答えない国は× (解決方法を知らない&知ろうとしない)

 ・知らない、分からないのに適当な答えを言って余計迷惑をかける国は× ×タイ、トルコ

 ・何を質問されているのか、勘でも理解できない国は× ×スペイン、英語がまったく使えない国

【英語力】
 ・今どき英語をまったく理解できない国は×  ×スペイン
   ただし、ドイツは理解できなくても何となく意思の疎通ができるからすごい。

【ドア】
 ・次の人のためにドアを開けてあげる時間が長いほど賢い国&人物
   ○オランダ   ×東ヨーロッパ

【人種差別】
 ・旅行者相手に、わざと聞こえるように差別用語を口に出す人が1人でもいる国は×
   ×ポーランド、デンマーク、中国、インドネシア

 ・意外なことに、ナチスで迫害しまくった歴史があるドイツでは、田舎でも差別された経験無し。

【地図】
 ・地図が読める国は賢い
   ○日本  日本以外では、地図を使える人はほとんどいない。 地図を見せて質問しても分かってくれない。
   △スイス












posted by よしこ at 20:46 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

エンタメの種類ごとの服装について

エンタメにもいろんなものがあって、暗黙のマナーがあるような気がする。
知っていたほうが引け目がなく満喫できるので、知ってる限りをお伝えします。


※国内でも使えるけど、特に海外の公演を想定しました。


【オペラ】
 ・ブラックフォーマル、革靴。
  最小の荷物のみで、クロークに大きな荷物を預けることはできるけど、野暮。

 ・クラシックの楽団員がコンサートで着るような、音楽系の真っ黒い服装。

 ・女性は靴、バッグなどを派手色にするオシャレも良し。

 ・ブラックフォーマル以外でもいいけれど、黒ほどごまかしが効かないので
  結局、高額な服が必要になってしまう。

 ・座席価格で自分の階級が良くわかる。高い席ほど周りに配慮した服装や態度が必要。
  高い席と安い席のマナー差は他のエンタメに比べて小さく、変な人が少ない。
  
 ・自分は気にならないし、と会場へ行くと、やっぱり何となくみじめな気持ちになる。
  服装やマナーもオペラの一部と思うべし。

 ・クロークに預けるときは、1ユーロとかチップが必要と思われる。

 ・とにかく最上級の娯楽なので、ケチる人やスマートでない人向いてない。
  周囲にも迷惑なので、合わせられないなら遠慮したほうが良い。

 ・休憩には、ほとんどの人がドリンクバーへ押し寄せる。



【バレエ】
 ・座席価格で自分の階級が良くわかる。
  高い席ほど周りに配慮したブラックフォーマルな服装や態度が必要。
  安い席になるほどマナー知らずの人と普段着が増える。

 ・クロークと休憩時のみんなの様子については、情報無し(忘れた)。



【クラシックコンサート】
 ・できればブラックフォーマル、革靴。そのほうが自分も楽しい。

 ・座席に持ち込む荷物は最小限に。大きな荷物はクロークに預ける。無料が多い。

 ・クロークに預けないで、館内のコートかけにかけておくだけという、
  常連客が多いホールならではの簡易コート置き場もある。
  (盗まれそうだけど多分平気?)

 ・休憩には、ほとんどの人がドリンクバーへ押し寄せる。



【ミュージカル】
 ・どんな服装・靴でもOK。でも、その演目にあう感じにするのがベスト。

 ・クロークはない。大荷物を持ってる人は少なく、預けれるかどうか係員に聞かないと
  分からない。

 ・座席の階級は、座席の価格が違っても、そんなに変わらない。S席にも変な人、
  困った人がいる。

 ・休憩時間は、トイレの長蛇の列か、たまたま隣り合った人とおしゃべりで盛り上がるか、
  ハーゲンダッツアイスを食べるか、オーケストラピットを覗くか、ドリンクバーで飲むか。



私は、ミュージカル以外のエンタメも観たいときは、どれだけ移動が多い個人旅行でも、
かかとが低いブランド革靴を持って行く。

みんなで楽しむために、周りのこともどれだけ考えているか、靴やバッグで
分かってしまうから。
※バッグは、黒ければ何となく誤魔化せる気がする(笑)。

ガイドブックには、「エンタメ用にバレエシューズが便利かも」なんて
書いてあるけど、実際に高品質なものでないと、周りがいいものを
身に着けてるのですぐばれる。

日本からわざわざ苦労して革靴持って行くのに、現地の格の高いホールで
スニーカーの人を見かけると、とてもがっかりしてしまう。

まとめると、他人をがっかりさせたり楽しみを減らすようなことをしなければ、
後は何してもいいのだ。









posted by よしこ at 01:32 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

備忘録 正規運賃2013-14

ANA ヨーロッパ スーパーエコ割
<ゾーン1> フランクフルト・ミュンヘン・ロンドン・パリ 他 行き
東京発 平日 日本発 月火水木金、現地発 月火水木日


                タイプA  タイプB  タイプC

4/1〜4/25    120,000  80,000  60,000
4/26〜4/28   188,000 136,000 116,000
4/29〜5/31   120,000  80,000  60,000
6/1〜7/31    171,000 119,000  99,000
8/1〜9/21    188,000 136,000 116,000
9/22〜9/30   171,000 119,000  99,000
10/1〜10/26  130,000 100,000  80,000
10/27〜12/26 110,000  80,000  60,000
12/27〜12/28 130,000 100,000  80,000
12/29〜2/28  110,000  80,000  60,000
3/1〜3/31    130,000 100,000  80,000

週末 日本発 土日、現地発 金土は、+2万円くらい。


・空席状況に連動したおトクな運賃。予約時の空席予測により運賃レベルが
 タイプA・B・C・D・E・Fの2〜6段階に分かれます。
・往路・復路でタイプが異なる場合は、それぞれの運賃を足して
 2で割った運賃が適用されます。
・日本出発日の含まれる期間に有効な運賃が適用となります。
・往路が平日で復路が週末(または、往路が週末で復路が平日)の便を
 ご利用の場合は、平日運賃と週末運賃を半額ずつ合算した運賃となります。
・運賃額は空席状況や旅程の組み合わせにより確定します。
・日本各地からの乗り継ぎは追加運賃でご利用いただけます。


posted by よしこ at 10:21 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする