よしこの旅ブログ > 北海道移住体験

2012年07月17日

北海道で移住体験20

20120717

寝ている間、暑さのせいではない変な汗をたくさんかいた。

体は動けても、セキが止まらなくてとても苦しい。眉間にしわができないよう、
手で押さえた。

昨日のグリーンチャンネルの馬番組は、とても面白かった。馬の調教が巧いおじさんは、
たった2日で乗馬馬に仕上げてしまう。おじさんは子供の頃から誰よりも馬に乗っていた
そうだから、得意なんだな。
その後の番組でも別の調教師が紹介されていたけど、1週間くらいかけるようだった。
2日と1週間・・・おじさんは達人だ!

今朝は8:30から11:00まで、BSで祇園祭を生中継。寒い場所で、暑い京都の
祭りをテレビで分かりやすく涼しく観る不思議感覚。便利〜。この世とあの世の境目を
刀で断ち切る子役は、有名な緑茶店の子供だった。街をあげてのお祭りの主役は、今は
コンテストや抽選で決めるのが普通のような気がするけど、京都はまだ昔ながらの因習が
残っているんだなあと思った。

今日は待ちに待った、町立診療所が開く日。3連休だったから、かなり待ったのだ。
でも、祇園祭を観ていたら出かけるのが遅くなり、窓口で受け付けてもらおうとしたら、
午前中の受付時間が終わっていた。

午後の予約をもらい、帰ろうと思ったけど・・・診療を受けれなくて拍子抜けしたのと、
少し元気だったので、出かけてみることに。

IMG_1166.jpg
町役場前の花壇。後ろの手作り風車は、町のあちらこちらで見かけたので、イベントで
みんなで作ったんだろうな。

IMG_1169.jpg
森林公園に近い銭湯。入りたかったよー。

再び野球場と高台へ。高台には、ボードゲームに熱中する中年男女がいた。先日は
ポメラニアンをつれた携帯おじさんがいたし、ここは不思議な人々がやってくる場所だ。
たくさんの句碑が並んでいる。郷土資料館跡もある。きっと昔はここが文化ゾーン
だったんだろう。それをもっと利用しやすい中心部に作り直したに違いない。
IMG_1173.jpg IMG_1171.jpg

道の駅の自販機でパイナップルジュースを飲んだら、ちょっと元気になれた。
豆まで食べれる黒豆茶を購入。

道の駅近くの野菜直売所には、冬のあいだ雪の下で保存されたじゃがいもがあったので、
試食のつもりで買った。手作り小物も充実している。よくこんなに上手に作れるなぁ。

浦幌神社にも出かけた。看板に「おっぱいの神様」。すごいキャッチフレーズだ!
IMG_1178.jpg IMG_1181.jpg

階段を上ると、新しめの本殿があった。手水鉢にドラゴンがいるけど、肝心の水が
入っていない。ドラゴンに水は欠かせないのに・・・ルール違反〜。ドラゴン好きには悲しい。
IMG_1182.jpg

係の人も拝観者も誰もいない。
古そうな稲荷神社にパワースポットらしき石「円満石」が置いてあったので、金運祈願。
いろんなことが円満になりますようにとお祈りする石らしい。
しかし、鳥居の飾りの白い紙が黒く汚れていて、がっかりした。
IMG_1186.jpg

そんな感じで、おっぱいの石も見ないまま、スーパーフクハラへ。
浦幌にも100円ショップがあればいいのに・・・と思っていたけど、フクハラの
中には100円ショップの名残があった。かつてはあったらしいけど、
やめてしまったみたい。かなりの都市でなければ、続かないものなのかな?残念!

初日から謎だった「野鳥図鑑はこちら」の看板。今度こそ!と意気込んで探検開始。
IMG_1197.jpg

坂道の道路の横壁に・・・

IMG_1191.jpg IMG_1192.jpg

鳥さんたちの絵が描かれていた!しかも手作り感いっぱいだ。これも過去にイベントで
作られたんだろうなあ。珍しい試みだと思う。

IMG_1190.jpg IMG_1189.jpg
何かが衝突してしまったのか、看板がペコペコ・・・。(平成3年と記載あり)

予約の時間になったので、町立診療所にまた出かけた。体験ハウスの前を、道に
つばを吐きながらラジカセでがんがん音楽を鳴らし歩く2人組の若い男たちが
通った。何て態度が悪いんだ!と気分を悪くした反面、「浦幌にも少しは不良が
いるんだ・・・へぇ〜」なんても思った。

診療所の建物はとても立派だ。他の公共施設を含め、財源はいったいどこから
来るんだろう?医師は1人でも建物が豪華なので、ステレオタイプな町医者の
イメージが合わない。

広い待合室に、おじいさん・おばあさんばかりが10人くらい座っていた。
おばあさんが世間話で話しかけてきたけど、元気がないしセキも出るので会話を
返せなかった。おばあさんよりも元気がなかったのだ。

医師は都会にいそうなテキパキした人だった。この町の医療を担う責任は大きくて
やりがいがありそうだなぁ。この開拓地に思い入れがあるからやって行けるんだろう。
私が住む町は、もともと住みやすい所に町ができてだんだん大きくなっていったので、
苦労らしい苦労がなくノホホンとしている。思い入れというものがないから、何事にも
熱意がない。自然と闘い続けてきた北海道民とは、雲泥の差。

レントゲンを撮るのにセキが出そうで、息を止めるのがとってもつらかった。
風邪をひくとセキが止まらないのには慣れているので、インターネットで検索して
どんな薬がほしいか(素人なのに生意気だけど)リクエストした。出発までに治せる
薬と、じっくり治すための漢方薬の両方。

まず、漢方薬だけでがんばってみよう。それで足りなければ、これとこれ。強い薬は
できるだけ使わないようにしよう・・・。
そう決めて寝たのに、夜中にゲホゲホというセキで起きてしまった。漢方薬だけ、なんて
とても無理で、いちばん強い薬まで使っても止まらない・・・ショック。今までで
最もひどい発作で、「セキをはく=死ぬ!」という感じだった。のどの奥を鏡で見たら、
血豆みたいのや腫れて太くなった血管があり、さすがにひどい症状だ。ツバを
飲み込むのもつらい。

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

北海道で移住体験19

20120716

昨夜もほとんど眠れず、日の出くらいにはもう起きていた。
セキで起きてしまったり、フガッ!ビクッ!と音をたてて
頻繁に起きてしまう。こんなことは滅多にない。

病院でもらった薬では不十分みたいだ。でも、浦幌には
ドラッグストアがないので、病院や調剤薬局がお休みの今日は
電車や車でよその町まで買いに行かないと薬が手に入らない。
浦幌くらいの大きさの町の弱点が、一人暮らし中の私にかなり
大きなダメージになってしまった。

コンビニでどうしても買わなくてはならないものがあって、
ゆっくりしていられないのもつらかった。

寒いので、オイルヒーターを弱くつけて、それに寄りかかりながら
テレビを観ていた。
これから先、いったい何日、この町を観光できるだろう?退去日の
21日までには何とか治したい。新潟や長野を旅行しながら
帰らなくちゃならないんだから。

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

北海道で移住体験18

20120715

外出しないで、一日中寝ていた。

セキがひどい。セキをしすぎて、お腹が筋肉痛に・・・セキをすると
痛くて仕方がない。
首に巻いている濡れ手ぬぐいは、すぐに乾いてしまう。熱が高くて
汗がものすごく出るので、着替えが足りなくて困ってしまった。
薬を飲むと、頭だけスッキリなるのが逆に怖い。

こうやってずっと寝てるだけの日が続くと、北海道まで何をしに
来たんだろうと悲しくなってしまった。浦幌には何日もいるのに、
何も知らずじまい。

一日のうちで元気になった時だけ起きて、料理や洗濯をした。
食料がないので、明日は出かけなければ。

たいていのワイドショーはつまらないのでほとんど観ないけど、北海道の
夕方のワイドショーで紹介されるグルメ情報はどれも美味しそうなので
つい観てしまう。

天気予報。この辺りは16〜21℃。私の住む町は25〜28℃。
10℃も違うんだなぁ。
バナナも台所に置いたのでは硬いままなので、日当たりが良い場所に
2日間くらい置いて柔らかくして食べた。

ゴミが腐りにくいのは驚異的だ。私が来てからの生ゴミどころか、
前の体験者の生ゴミさえほとんど臭いがしない。ゴミの収集日が少ないのは、
全体のゴミが少ないからだけでなく、腐らないからなのだ。
私が住む町では、すぐに虫がたかってしまい、早くゴミを出したくて
仕方がないくらいなのに。

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

北海道で移住体験17

20120714

昨夜は高熱とセキでほとんど眠れなかった。今朝もかなり早くに
目覚めてしまった。首に濡れた手ぬぐいを巻いて寝たら、熱の
苦しさが和らいだ。夏の暑さ対策の首巻きがたくさん売られているけど、
あれは本当に効果があるんだなぁと実感した。

セキがひどいと骨折するという話も、こんなにゴホゴホとひどいと
ありうることだなあ。

体調が良くなる兆候がないので、病院に行った。町立診療所は
お休みだったから、個人病院へ。浦幌の病院は2つなのだ。

私は4人目の患者だった。みんなおじいさん、おばあさんばかり。
ここの医師もおじいさんかなと予想していたら、20代の若い
お医者さんで意外だった。ちょっと若すぎて不安・・・。

帰りに生協で買い物をしていたら、レジのお姉さんがお客に
30円割引札を配り始めた。100円以上の物が30円引きに
なるらしい。賞味期限が迫った食品が半額だったり、ここは
なかなか太っ腹なスーパーだ。

IMG_1163.jpg IMG_1199.jpg
近所の道は、みんなこんな感じ。
浦幌道有林管理センター。おしゃれなデザイン。

IMG_1164.jpg
近所の浦幌家畜診療所(十勝農業共済組合、十勝NOSAI)。うーん、北海道!

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

北海道で移住体験16

20120713

どうしても必要なものがあったので、1時間強だけ買い物に。

まず生協へ。地元では冬用の厚いフリースを着てマスクをつけた私は、
涼しい北海道でも浮いていた。「そんなに寒い?!」と思われても
仕方がない。

道の駅に置いてあるパンを作るお店で、またかぼちゃアンパンを買った。
珍しいフランス風パンもある。研究熱心なパン屋さんのようだ。

コンビニでは、十勝の池田町のワインがミニボトルで売られていたので、
試しに飲んでみたくなった。下戸な私でも、ミニボトルなら2日ほどで
飲めるだろう。

コンビニから体験ハウスに戻るのに裏道を走ったら、「バレエ教室」の
看板を発見。浦幌でも、バレエが習えるんだ!

IMG_1155.jpg IMG_1157.jpg
スーパーには3種類くらいある「緑色のそば」。昆布やクロレラが入っているらしい。
袋の作り方の通りに麺を氷でゆがいたら、とても美味しかった。
納沙布岬で買った昆布で昆布巻き。柔らかくて美味しい〜!

posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする