よしこの旅ブログ > 歌舞伎「魚屋宗五郎(新皿屋敷月雨暈)

2016年06月26日

歌舞伎「魚屋宗五郎(新皿屋敷月雨暈)


20160626

魚屋宗五郎というのは通称で、本題は
「新皿屋敷月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)」という。

皿屋敷=大事なお皿を割って手打ちにあった奉公女中、のイメージの通り、
この物語でも、武士の家で働いている妹が何かの理由で手打ちにされてしまう。


禁酒していた宗五郎が、飲まずにやってられるか〜!モードになって
飲み始める。
1杯、また1杯と進むたびに人格が変貌していくのが面白い。
橋之助は、変貌していく段階を細かく演じていた。お見事〜!


女の人が殺される演目は、登場人物が多かったり複雑だったりして、
こんな難しいのを理解していた昔の人は凄い。
でも、地方巡業の演目は少ない人数で上演できるシンプルなものが多いし
歌舞伎コアファンじゃない層向けにシンプルにしてくれている気がする。


宗五郎役の中村橋之助。
ハズレがない橋之助さん。
ますます安定感が増してきて、いい感じだった!
芝翫を襲名するので、先代みたいな名演技を楽しみにしているよ〜。


橋之助さんの次男の宗生。
奴の役だったけど、歌舞伎というよりも普通の演劇っぽくて、
「大丈夫か?」と不安になってしまった。
歌舞伎役者の子でなければ、オーディション等では選ばれなかったと思う。
精進次第で上手くなれるので頑張ってほしい。


昔、歌舞伎座でこの演目を1〜2回くらいは観ているはずなんだけど、
ちゃんと理解したのは今回が初めてな気がした。

「魚屋宗五郎かぁ・・・たしか中村富十郎が演じてて、切腹したんだよな。
退屈で寝たなぁ」などと思い出したんだけど、物語がぜんぜん違った。
「あれは何て演目だったのだろう?」と謎が残ってしまった(笑)


今日いちばんの収穫は、「大向こう」さんが1人いたことだ。
静岡公演で初めてだ。
しかもタイミングぴったり(宗五郎が酒を飲むぞ!と盃を振り回す瞬間から)。
私の席の隣の方・・・つまり、2階席最後列・・・直前割引みたいな席にいた。
直前予約じゃなくても、あえて最後列を選んだ感じさえした。
さすが・・・プロ観客発見ーーー!!

見た目は公務員か大企業の人っぽかった。
毎年来てほしいな。



国立劇場HP


グランシップ 中ホール 午前の部

2階 5列目 2880円(直前予約)



スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。