よしこの旅ブログ > ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー /ハリーポッター・エリア

2016年04月25日

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー /ハリーポッター・エリア




ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー(ライド・アトラクション)


USJ初めての私でも知っていること、それは、
ハリポタのライドはとーっても混んでいるということ。


映画大好きなのに、ハリーポッターは何度観ても意味が分からないので、
あんまり並びたくないんだよなあというのが本音。


ただ、このアトラクションは最高に楽しいらしいので、
一度は体験してみたかった。




CIMG6659.JPG
9:32 アトラクション入口に並び始めたゾ


CIMG6660.JPG
遠くから見てもかっこいいけど、近くからでもじゅうぶん本物っぽい。
岩とか本物っぽく作るの難しそうなのに。


CIMG6661.JPG

CIMG6662.JPG

CIMG6663.JPG

CIMG6664.JPG
スイスのランドヴァッサー橋を思い出させる橋



CIMG6665.JPG
10:03入口に到着。
思ったよりも早かった。

写真撮影は禁止らしいので、とりあえずここまで。
この先にたくさんのロッカーがあり、荷物を全部預ける。



そして、お城の中に入っていった。
どんな感じなのかは、ホグワーツ・キャッスルウォークを見てね。



ホグワーツ・キャッスルウォークはライドの乗り場前にあるドアから
外に出されてしまう。
だから、その先はライドに乗らないと見れないのだ。

ライドは4人掛けで、シングルライドとかは特になかった気がする。
でもクルーがお客に人数を聞いて振り分けるので、私は2人組と
おじさん1人=合計4人で乗った。



ライドのあらすじは、やっぱりハリーポッターの映画と同じく
さっぱり意味が分からなかった。

なぜかハリーたちの仲間になって、ほうきで空を飛ぶことになる。

ハリーポッターの映画を観るたび、いくら厳しい魔法学校だからって、
なぜ生死の境目をくぐりぬけるような競争があるのか?と思ってしまう。
謎で謎で仕方がない。

そんな疑問に思っているのに、私まで高速でほうきに乗って危険な目に
あっているのだからますます謎だった(笑)

そういう謎の設定を忘れて、単純にアトラクションだと思って乗ると
物凄く楽しい。
握るところの形もうまくできていて、まるでほうきをつかんでいるような
気分になれる。

設定の謎を忘れた私は、ほうきで空を飛びながら「ヒャッホウーーー」と
叫んでいた。
空を飛ぶって楽しいなあ。


最後に校長か誰か偉い人に「良くやった」とほめられ、何を褒められたのか
良く分からないまま終了(笑)


攻略本には「ハーマイオニーが〇〇〇と台詞を言ったら写真撮影がある」と
書いてあったけど、何が起きているのか分からないままオロオロしてるのに
いろいろ速い展開で進み、そんな時に撮影されたので、たぶんポーズどころじゃ
なかった。

そもそも日焼け&ぜんそく対策でずっとマスクをつけているので、
どのアトラクションで写真撮られてもマスク顔だからな(笑)
なので、出来上がった写真は見に行くこともしなかった。


世界最高のアトラクションということは、乗ってみてよーく分かった。
私みたいに訳わからない人でも、楽しめるよ(笑)






スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 初めて&一人でUSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。