よしこの旅ブログ > ジュラシック・パーク・エリア

2016年04月25日

ジュラシック・パーク・エリア



ジュラシック・パーク・エリア




は〜るばる来たぜ ジュラシック・パーク・エリアへーーー ♫ ♪ (字余り)


USJの中で、私がもっとも好きな映画はジュラシック・パーク!
時間切れでここで遊べなかった、なんて大事故には絶対したくなかった。


ジュラシックパークのエリアは、USJの奥地。
遠いからみんな初めからは来たがらない、だから朝は空いている、との
攻略法に従い、いちばん最初に向かったら本当に空いていた。

新トラクションのザ・フライング・ダイナソーが大人気なので、
これでも昔より人が増えているほうなんだろうな。





CIMG6270.JPG
入口。わくわく(*´ω`*)
ジュラシック・パークのテーマ曲も流れていて、気分はいきなり最高潮。


フライング・ダイナソーが出来る前は、頭上のネットはなかったと思われる。
このネットはジェットコースターからの落下物が衝突するのを
防いでくれるけど、景観的にはとっても邪魔だ。




足元や壁には、ホウキ型や巻貝の化石などが

CIMG6278.JPG

CIMG6279.JPG

CIMG6280.JPG



CIMG6281.JPG
ジュラシック・自動販売機コーナー




CIMG6277.JPG
ビジターセンター(ディスカバリー・レストラン)

ここだ、ここにずっと来たかったんだよ!
・・・と、開店前から周りでウロウロする怪しい私(笑)



CIMG6304.JPG
ここには、ティラノサウルスの骨格標本があるのだ。
映画のラストシーンを髣髴させるよ。
ライドにも負けない名所。



CIMG6306.JPG
”ギャォーーーッ!!” 
と映画のラストシーンでキメるティラノサウルスそのものだ。
カッコいいなぁ。



CIMG6307.JPG
頭上には、プテラノドンまでいるじゃないか。
ビュンビュン飛んでいるよ。



CIMG6308.JPG

CIMG6309.JPG
壁面には、恐竜とその時代の風景のレリーフが。
2パターンのレリーフが繰り返しなんだけど、なかなか細かく出来ている。


意外なことに、恐竜に興味がある人はあまりいなかったらしく、
私はひとりでひたすら観察し写真をとりまくっていた。
いや〜楽しい楽しい(*´ω`*)


このレストランは、今日は10:30開店。
オープンと同時に入ったら、閑散期だったこともあってお客が少なかった。

食事しなくても写真撮影が出来て本当によかった。
ここだけは絶対に見に来たかったから。

USJ内のレストランは食事しないと見学できないかもしれない、と
思っていたので拍子抜けだったし、レストランのクルーの方は
撮影ポイントを教えてくれさえした。

閑散期に来たから可能だったのかもしれない。





CIMG6328.JPG
ロストワールド・レストランはお休みだった。

ディスカバリー・レストランがメインで、そこが混みすぎるような繁忙期に
営業するのかもしれない。

店内が気になったのでネット検索したら、特に目立つ見どころはないみたい。






CIMG6273.JPG
ライドの出口でお客を待っているお土産屋さん、
ジュラシック・アウトフィッターズ。

ここも見逃せないチェックポイントだと気づいた。

まずは、店内にティラノサウルス?の頭部がどーん!




CIMG6329.JPG
レベルの高い恐竜グッズが並んでいる。




CIMG6333.JPG

CIMG6334.JPG
鉱石や化石まで、種類も数も多く扱っている。
この分野のコレクターもやって来そうなお店。




CIMG6332.JPG
チェックポイントその2は、ケージに入った恐竜。

お土産を見ながら店内を歩いていたら、目の前に突然
この恐竜がいたのでびっくりした。

映画中の恐竜で当てはめるなら、ヴェロキラプトルとかかな?
どちらにしても肉食恐竜っぽいから危険だ。
しかもケージが破れてるから、きっとそのうち外に出てきちゃうよ〜。









CIMG6272.JPG
チェックポイントその3は、お店の入口にあるティラノサウルス頭部。

ここはフォトクルーがいる撮影スポット。
頼めば2枚目を私のカメラで撮影してくれる。
1人USJだと、撮影してくれるクルーがいるのはありがたい。

ここのフォトクルーさんは撮影がとても上手だった、素晴らしい。
大きな卵も貸してくれるし(笑)




--------------------------------------------------------------------


夕方、ハリウッドエリアにいたら園内のネオンが点いて、
夜景がめちゃくちゃきれいだった。

そこにいたクルーにおすすめ夜景スポットを聞いたら、
ジュラシック・パーク・ザ・ライドの滝の夜景も良いらしい。

夕闇の滝を目指し、ふたたびこのエリアに戻ってきた。




CIMG6276.JPG
昼間はこんな風景だけど、



CIMG7083.JPG
日が暮れてくるとライトアップされて、とっても綺麗(*´ω`*)



CIMG7084.JPG
これでもまだ明るい時間なので、もっと暗い時間に来れば
さらに滝が際立つと思う。

4月は昼間が長くてなかなか暗くならないのに、パレードの時間が
迫ってくるので長居が出来なかった。
パレードを見ない日にひっそり楽しむのが良いね。




でも、今日ここに来てみて良かったことは、
実に珍しいものを目撃できたことだった。





CIMG7077.JPG
(°Д°)えっ!?

ジュラシック・パーク・ザ・ライドの水の中に、人が入っていったよ!!




CIMG7078.JPG
どうやら、メンテナンスのクルー?らしい。
奥へと歩いていく。


そして、ライドが最後に落下してくる斜面を逆に登っていくよ・・・???



CIMG7079.JPG


CIMG7080.JPG


CIMG7081.JPG
何かを見つけて拾った!!




CIMG7082.JPG
子供のキャップ帽子だった。



この後、2人はこちらに戻ってきて、ライドの始発点に急いで歩いていった。

私の目の前を通りそうだったので、
「園内のクルーだから、こんな時でもゲストにニコッとするのだろうか?」と
ドキドキしていたら、そのままスーッと行ってしまった。

メンテナンスのクルーは、安全確保と速やかな運行がお仕事なので、
やっぱりサービスのクルーとは違うんだね。



どこかの子供が帽子を落としたので、ライドは停止していたらしい。
まもなく運行再開されて、斜面から勢いよく水しぶきを上げながら
次々とライドが来るようになった。





CIMG7085.JPG
あれ、こんな小道もあったんだ〜と気軽に入り込んでみたものの、
暗いと恐竜が茂みにいるような雰囲気が出てて、
それだけでもう怖かった。




CIMG7087.JPG
エリアのゲートを出る頃には、もうすっかり暗くなっていた。

夜でも相変わらず、フライング・ダイナソーはお客を乗せて爆走中。
叫び声が聴こえない時はない。




帰ってきてから公式HPを見たら、茂みの中の車とそれを襲う恐竜や、
サファリカーを見逃していたことに気づいた。

前者は、デブのデニス・ネドリーの事故車っぽさがある。
公式HPの写真にはディロフォサウルスは写っていないけど・・・。



行く前にチェックしてメモするべきだったなぁ・・・。゚(゚´ω`゚)゚。ピー
しょうがないから、次回のお楽しみにしよう。







スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 初めて&一人でUSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。