よしこの旅ブログ > エンタメで「しまった〜」と後悔しないためのコツ

2016年04月29日

エンタメで「しまった〜」と後悔しないためのコツ


コンサート、演劇、美術館・博物館など、
エンタメ会場で「しまった〜」と思わないようにするための
ちょっとした、いろはにほへと。


い:会場にはロッカー、トイレ、飲食店なんかない

  会場内に大きい荷物持っていくと邪魔になるから、
  会場にあるロッカーに荷物を預けておこう・・・と
  思っても、みんなが同じことを考えているので、
  たいていロッカーに空きはなし。
  ※クラシック系エンタメの会場は除く

  逆に、会場で空きロッカーを見つけたら奇跡くらいに
  考えたほうが良い。



  ロッカー対策は、
  @大前提:そもそも大荷物は持っていかない

  A最寄駅にロッカーがあるかどうかを事前に調べる
   ※ない場合があるため
   そこに預ける。
   空いていれば、ロッカーの大きさや料金なんか気にしない。

  B最寄駅以外の駅のロッカーに預ける
   乗換駅や1コ前の駅など。

  C泊まったホテルに預けておく
   チェックアウト後で荷物を取りに戻るのが面倒でも
   もっとも確実な方法。

  D最寄駅や会場に誰よりも早く行って、ロッカーを確保する
   少し早めに行く程度では、大抵みんな同じように考えていて
   無理だから、そんなに早く行きたくないと思う時間に
   到着しておく。


   ロッカー対策は、トイレと飲食店にも同じように使える。



ろ:咳がよく出る人は病院へ

  映画、クラシック、オペラなどの会場では静かにするのが
  マナーだけど、ゴホゴホと咳が止まらない人がいる。

  私もその1人で、風邪をひいていないし元気なのに
  そういう時は咳が止まらなくてとても困っていた。
  公演中はずっと飴を舐め続けたり、足元にストロー付きペットボトルを
  置いといて咳が出始めたらチビチビ水を飲んで咳を止めるようにしたり、
  いろんな工夫をしたけど、もう限界。

  それで病院へ行ったら、あなたはぜんそく持ちですと診断された。
  子供の頃から出続けた咳は、ぜんそくが原因だったのか〜とビックリ。

  医師いわく、たくさんの人がいる屋内では、ものすごい大量の
  ほこりが舞っていて、それで気管支が弱い人は咳が止まらなく
  なるらしい。

  そういえば、内勤の仕事しているときは、咳が止まらなかった。
  見えないだけで、空気中はゴミだらけだったのか・・・。

  だから、咳で困っている人は、エンタメのために限らず、
  呼吸器科や内科などでぜんそくを治すことを激しくお奨め。



は:パンフレットが入るバッグを持っていく

  パンフレットや筋書きってけっこうなお値段がするのに、
  袋をくれないことも多い。

  会場に捨ててくるわけにも行かず、直に手で持って帰らなければ
  ならなくなる。

  それを防ぐために、大きいパンフレットが入るバッグや
  他で買い物してもらった大きいビニール袋を折りたたんで
  持っていくなどすると安心。

  美術館・博物館に行くときは、チラシが折れないように
  A4クリアファイルを持っていくと便利。



に:時間には、かなり余裕を持たせる

  会場では大抵グッズなど買い物をする場所があるので、
  たとえ買わずに見るだけでも時間がかかる。

  急にトイレに行きたくなってしまうと、トイレの列に
  並ぶことになる。

  初めての会場だと、道に迷って走ってボロボロになって
  なんとか到着。

  遅れてしまって、真っ暗な会場を係に案内されて、周りに
  白い目で見られながらやっと着席。


  エンタメに行くことは毎回が初回みたいなものなので、
  時間については余裕を持ちすぎて暇なくらいがちょうどよい。
  暇なくらいが、エンタメをみんなでより楽しむ保険になるのだ。



ほ:それ用の靴を普段から準備しておく

  クラシック系
  →きちんとしたシンプルな皮靴、基本色は黒。
   普段は履かないで、きれいに保っておく。

  ライブハウス、フェス系
  →踏まれてボロボロになっても、雨で泥だらけになっても
   いいようなスニーカー類で。
   普段履いているスニーカーが捨て時になったら、
   ライブハウス・フェス用にとっておくのがベスト。

  雨の日
  →クラシック系なら、タクシーを使って出来るだけ外に出ない。
   ライブハウスは、天気に関わらずボロ靴で。
   フェス系なら、ボロ靴さえあきらめて安物でもいいから長靴。



へ:100円玉を多めに持っておく

  ロッカー、切符、自動販売機、傘立てなど、
  100円玉を使うことが多いので用意しておく。



と:食事しておく

  大きな音の会場でも、意外と響いて恥ずかしいお腹の音。
  特にクラシック系のエンタメだと、グウーッという音が
  いつ鳴ってしまうか気になって楽しめなくなってしまう。

  なので、コンビニのパン1〜2個だけでも開演ギリギリ
  でも食べておくとよい。
  その日エンタメに行くことは分かっているので、前日や
  昼の時間に余裕があるうちに軽食を買っておくと安心。

  開演前にどこかで食事しようという計画は、その日の
  予定がよっぽど融通がつく場合に限る。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 14:20 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。