よしこの旅ブログ > モスクワ国立交響楽団、パヴェル・コーガン、ダニール・ハリトーノフ

2016年02月09日

モスクワ国立交響楽団、パヴェル・コーガン、ダニール・ハリトーノフ

20160209

アクトシティ浜松に来たばかりのダニール・トリフォノフが、
また同じ場所にもう来るらしい。
これは聴きに行かなければ!と急いでチケットを確保してから
間違いに気づいた。

同じダニールでも、今度来るのはダニール・ハリトーノフだった。
し、しまったーーーー。

ま、ロシアのダニール君&楽団だから、大丈夫だろう。
ロシア音楽界への信頼は厚い。
・・・と自分に言い聞かせながら、アクトシティへ。

中ホールって、来たことあったかな?
あったとしても、2階席は初めてだ。
今年は音楽の出費を控えるため、安い席にしたんだけど、
まさかこういう席があるとは〜。

CIMG2979.JPG
普通に座ると、何も見えない。

CIMG2977.JPG
前かがみでかなり近く見えた。

CIMG2978.JPG
右にはパイプオルガン。なんか管が突き出てるし。

CIMG2980.JPG
ヨーロッパを思い出す豪華な天井



1曲目 グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲

勢いづけにちょうどいい感じの曲調。
まだまだ知らない曲が世の中にたくさんあるな。
指揮者パヴェル・コーガンは、著名な楽団と共演が多く実績ある
らしいけど、普通のおじさんっぽさが親しみやすい。


1曲目終了後

第1ヴァイオリン側が退場して、5人くらいの男たちが椅子をどかし、
後ろに置いてあったピアノをゴロゴロとステージ中央に運ぶ。
指揮台の方角も変えた。

セッティングまでコンサートの演目のようで面白かった。
私の席からは良く見えたので、今回は当たり席だったかも。


2曲目 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

ダニールくん登場!
若い、ブロンド、ピアノうまい。
それだけで華やかになるからいいね。

チャイコフスキーは大好きだから、聴けるだけで嬉しい。
でも、指揮者やピアノを見ていたら、この曲って
ものすごく難しいんじゃないかと思った。

簡単な曲なんてないけど、少なくともスラスラとか
楽しみながらできる曲ではないな。

ダニールくんは男で力があるし高校生くらいの年齢なので、
弾き方が若いのは仕方がない。
音符が連続した部分では、音が残りすぎてたくさんの音が
重なってごちゃごちゃしていた。

もう一人のダニールなら、または中村紘子ならここをどう弾く?
(こういう妄想に現れるアーチストこそ、力があるもの)

演奏後、ダニール君は、深く頭を下げた後、指揮者に
感謝を示すために指揮者の手を取って頭上に高く上げた。
「この曲では自分が主役なのに、指揮者をたてるとは偉い」
と思っていたら、そのあと戻ってきた時は楽団員全てを
起立させて功績をたたえていた。

全曲終了する前に起立を促されて拍手喝采を受けることは
滅多にないし、そうさせたのが若いピアニストだったので、
楽団員はあまりに意外な出来事に動揺していた。
ステージ上がざわざわしていたのを、2階席の私は
見逃さなかった(笑)

ピアニストとしての技量はまだ途上だけど、あの性格の
良さは天下一品だし、ドゥダメルはぜひ見習ってほしい(笑)
応援したくなるピアニストだ。


3曲目 チャイコフスキー 交響曲第5番

この曲には「知ってる知ってる」というメロディーは無かった。
でも、なぜか飽きもせず、つらつらと、時々噛みしめるように
聴くことができた。

指揮者パヴェル・コーガンが一生懸命ていねいに指揮してて、
あぁ、この人は本当に音楽が好きなんだなあと思った。
カリスマ指揮者じゃないけど、なんか信頼できるよね。


私はつまらないと感じるとオートスリープモードになるし、
開演直前に食事したので、いつ眠ってもおかしくない。
眠くなる条件がそろっていても寝なかったのはかなり素晴らしい
演奏だったということだ。

音が大きくなる部分があり、「マーラーみたいに面白くなる?」
とわくわくしたけど、チャイコフスキーの大音響に面白さは無く
いたって真面目だ。
何が違うのか??!!謎が増えてしまった。


いろんな楽器のソロパートがある曲で、それぞれのリーダー
格の人の演奏が聞けた。
どのパートの人も上手いなあ。

言い換えると、この楽団はソロはとても音が良い。
でも全体力というか強い団結力はあまりない気がする。
まあ、ロシアだからいいにする(笑)



アンコールは3曲


2階からだと、指揮者の横に置いてある楽譜が見える。
それがなくなるまでアンコールが続いた。

アンコールは、なぜか管楽器はお休みの曲が多かった。
弦楽器ばかりが休みもなく忙しい。
管楽器は3曲目で大変だったから、休憩なのか?

全ての演奏が終わり、お仕事が終わるなと思った
笛チーム(ステージ中央)がお互いにねぎらいの
握手をしあっていたのが心温まる光景だった。
忙しいツアーだけど、ガンバレ!!


2階席はオーケストラの一員の気分になれるから、
音楽を楽しむ以外にもたくさんのことが経験できた。
くせになりそう〜。


CIMG2981.JPG



・指揮:パヴェル・コーガン
・ピアノ:ダニール・ハリトーノフ
・モスクワ国立交響楽団


光藍社 http://www.koransha.com/orch_chamber/moscow_orch2016/


アクトシティ浜松 中ホール

C席 2階R1列 かなり前の方 5000円

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | クラシック・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。