よしこの旅ブログ > ニュルンベルクのマイスタージンガー〜METライブビューイング2014-2015

2015年08月17日

ニュルンベルクのマイスタージンガー〜METライブビューイング2014-2015

ドイツの職人気質

あの有名な曲を聴いてみたい。いかにもドイツらしい大きな曲を。
・・・という訳で、「泊まり」で上京。
この日はこれ以外の予定は入れなかった。
だって、上映時間5時間34分(約6時間)だもん〜。

大丸で、休憩時間用の軽食とおやつをしっかり買い込んで行った。
お客は20人くらいしかいなくて空いてた。年配者が多い。


指揮:ジェイムズ・レヴァイン
演出:オットー・シェンク

出演:
ミヒャエル・フォレ (ハンス・ザックス)
ヨハン・ボータ (ヴァルター)
アネッテ・ダッシュ (エファ)
ヨハネス・マルティン・クレンツレ(ベックメッサー)
ハンス=ペーター・ケーニヒ (ポークナー)
カレン・カーギル (マグダレーネ)
ポール・アップルビー (ダフィト)
マシュー・ローズ (夜警)


指揮者ジェイムズ・レヴァインは、インタビューでのしゃべりの
感じでは、オタクとかマニアとか研究者という感じの人物だった。

出演者はみんな太くて、ドイツ人の演目にぴったり(笑)。
年齢層も高かった。

途中で眠くなってしまったけど、いつもそうだし、何か食べると
眠くならずにいられない。

娘を歌合戦の賞品に、ってアリなのか?
気になるけど気にしないで観ることに。

ヨハネス・マルティン・クレンツレ(ベックメッサー、ユダヤ人)
はコケにされる役なんだけど、彼がいないとこの演目はつまらん。
彼が道端で歌ったり、歌合戦でめちゃくちゃな歌詞(犬のまなざし〜♪)
など、ゲラゲラ・レベルで笑える。

ヨハン・ボータ (ヴァルター)は、貴族の坊ちゃんには見えないよ〜。

ミヒャエル・フォレ (ハンス・ザックス)が最後に歌った、この演目の
テーマ(ドイツ人と職人の誇り、芸術文化はもう貴族のものではない)
は、6時間の疲れも吹き飛んで感動ものだった。
やっぱりドイツっていいなあ。

想像よりも短く感じたし楽しかったので、また観てみたい。

o.PNG


東劇にてアンコール上映 4600円
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1415/#program_05

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。