よしこの旅ブログ > ビリー・エリオット ミュージカル・ライブ

2015年04月02日

ビリー・エリオット ミュージカル・ライブ

イギリス

3年前にロンドンで観たミュージカル。
映画とミュージカル、どちらも名作だけど、ミュージカルの方が明るめ。

さすがの舞台装置や、空を飛ぶシーン、質問はありませんのシーン、
ヘッドライトを付けて男たちが地面に沈んでいくシーンなどは覚えていた。
でもそれ以外はかなり忘れてて、自分でもびっくりした。

オーディションの最後、あんなに激しく踊っていたっけ?
CATSを観た時と同じく、「ダンサー殺しだ」と恐ろしくなった。
あんな振り付けを「やれ!」と言うスタッフが怖い。
バレエよりも大変そうだった。日本人にはとても踊れない。

何となく聞いていた台詞も、今回は字幕付きでよく理解できたし、
方言の違いやゲイとかオカマとかのネタなど、何だか本当にイギリスっぽい。

アン・エメリーおばあちゃんの股割りやタップを再び、と期待していたけど、
椅子に座っていてやらなかった。歌えるだけでも凄いんだろうけど、
やっぱりもう難しいのかしら?
それよりも、かなり美脚だということに気づいてしまった。

初代リアム・ムーアは、フリーの俳優&バレエダンサーとして、マシュー・ボーン系で
活躍しているらしい。さすがにプロだけあって、子役ビリーより華やかで目立っていた。
しかし、子役ビリーだって負けてなかった。それも凄い。さすがイギリス!

これからも注目していきたいのは、友達マイケル役のZACH ATKINSON。
踊りが上手くて演技も達者。スターという感じだ。まめにチェックしよ〜。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。