よしこの旅ブログ > 歌舞伎「新薄雪物語」、池波正太郎展

2013年09月07日

歌舞伎「新薄雪物語」、池波正太郎展

20130907

1つ目は、通し狂言「新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)」
     
〈花見〉             
秋月大膳    海老蔵
 悪役。悪さは出てたけど、他の役者に比べてあまり成長がみられない。

園部左衛門     勘九郎
 まったく期待していなかったけど、役を普通にこなせていて大きな成長を感じた。
 これくらいできれば大丈夫。

団九郎    亀三郎

薄雪姫    梅 枝
 演技が彼だけ「格」が下に思えた。次世代を担う花形とはとても言えない。普通に上手い。

清水寺住職    右之助
来国行    家 橘

腰元籬    七之助
 年増女になりきっていて、今回いちばん感動した。
 もともと上手いのにさらに上手くなってるなんて、並大抵の努力ではないだろう。
 安心して観ていられる。

奴妻平    愛之助
 今日のヒーロー。
 「半沢直樹」でオカマ口調が人気だけど、舞台上では男気いっぱい。
 長い立ち回りや、とんぼの皆さんが手桶でハートを作ったラブリンワールドが
 見どころだった。
 昔は目立たなかったけど、ついにこのおいしい役を手にしたのだ。
 幹部の息子たちも、彼に負けないように頑張らなければ。

    
〈詮議〉             
幸崎伊賀守    松 緑
染五郎の役と同じ年齢・立場の役だけど、「笑い」はまあまあだった。
今回は出番が少なかったので、次回はもっとたっぷり観たいなあ。

葛城民部    海老蔵
薄雪姫    梅 枝
松ヶ枝    吉 弥

秋月大学    亀 蔵
 チョイ役で悪役。そこにいるだけで私は満足。カメゾー!

園部左衛門     勘九郎

園部兵衛    染五郎
 この役を演じるには青すぎる。
 諦めと人生の苦渋を受け入れる「笑い」はイマイチだった。
 幸四郎もそうだけど、もう一歩足りない。これからどうするんだろう??
      
〈広間・合腹〉          
園部兵衛    染五郎
幸崎伊賀守    松 緑
園部左衛門     勘九郎
腰元籬    七之助
薄雪姫    梅 枝
松ヶ枝    吉 弥
刎川兵蔵    松 江
奴妻平    愛之助

梅の方    菊之助
 年が多い役を重厚に演じていた。すごいぞ!
 昔はまったくセンス無かったのに、成長し始めたらどんどん上手くなっていくぞ!
 とても迫力があった。菊五郎を超えそうだ。
 まあ、菊五郎は唯一無二の江戸っ子アイドルだけど(笑)。




2つ目は、舞踊「吉原雀(よしわらすずめ)」
      
鳥売りの男    勘九郎
鳥売りの女    七之助

う〜ん、粋だねぇ。とても上手い。
仲良い兄弟で良かったね。
特に勘九郎にとって、七之助がいたことは、どれだけ幸運か計り知れない。



舞台上は粋なのに、客席は最悪になっていた新歌舞伎座。

なぜ、ばあさんたちは飴を食べたがるのか?

ビニール袋から飴の袋を出し、そこから小分けの飴を出し、パッケージから飴を出す。
3段階でゴソゴソガサガサ。

係員が口頭で注意しようが、ばあさんたちはお構いなし。

どんな劇場にも、「ビニール袋」というものを持ってくるのは非常識ということを知らない
田舎者が増えてしまった。
劇場に来たことなんか無い人たちが、興味本位でたくさん来てるのだ。
団塊の世代のマナーは悪い。

HPやチラシに観劇マナーの注意事項が追加されたり、係員が大幅増員なのも、
こういう人たちが多くなったからだろう。


4月オープンの新しい歌舞伎座の建物は、昔とほぼ同じでびっくりした。

丸の内のビル群もそうだけど、昔と同じ建物の上に高層ビルがくっついている。
結局、どれも似たような奇妙なビル群になってしまって、個性が無い。
気持ち悪い街並みだ。

銀座は伊東屋ビルなど、いくつも工事中だ。再開発ラッシュ。


地下はお土産お菓子系とコンビニ。

1階と3階に売店、売り子がやたらと声をかけてくるので、ろくに見れない。
昔のやる気が無い売店で、江戸のお菓子を買うのが好きだった・・・。
お弁当も、カツサンドとか押し寿司とか変なラインナップ。

餅入りたいやきだけは買ってみた。うーん、並・・・(-_-;)

歌舞伎座は拝金主義になってしまった。
チケットと筋書き以外は、何も買ってやらないと決めたぞ。


歌舞伎座
2等席(1階20列) 14000円


歌舞伎座HP
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2013/09/post_64.html



チケットが当たったので、松屋の「池波正太郎展」にも出かけた。

鬼平の鍋屋・五鉄が再現されていて、私はのれんをくぐりたくて仕方がなかった。
そして何よりも、自筆原稿を見れたのが良かった。
字がとってもセクシーなのだ。彼の作ったヒーローたちのように、字がカッコいいのだ。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。