よしこの旅ブログ > 好きなものだけinヨーロッパ14

2013年05月21日

好きなものだけinヨーロッパ14

20130521

今日は、Top Hatトップハットと、Les Miserablesレ・ミゼラブルを観た。

IMG_0039.jpg IMG_0038.jpg
※劇場内は撮影禁止です(笑)。見つかるととても怒られます。

トップハットは、2Fドレスサークル、D16(tkts)。
2階は初めてだったが、なかなか良い席だった。

主役の外見は役にあっているけど、前のTom Chambersほど華がない。
みんなで踊る場面では埋もれてしまうし、女優を手のひらで転がす感じも
しなかった。

ヒロインも、前より太めでスタイル良しとは言えず、あまり踊れていない。
歌は上手い。

主役2人がしっくりしてなかったのが残念。

ベイツ役は前回と同じで、相変わらずの安定感。台詞はあまり理解できないのに
笑えるすごい俳優だ。
イタリア男は、前回よりもパワーダウン(はじけていない)。
新Mr.Hardwickは恐妻振りが良かった。Mrs.Hardwickは前回同様に
見事なムードメーカー。

Gavin Lee : Jerry Travers
Kristen Beth Williams : Dale Tremont
Clive Hayward : Horace Hardwick
Vivien Parry : Madge Hardwick
Alex Gaumond : Alberto Beddini
Stephen Boswell : Bates

2階後方に、たくさんの障がい者たちが来てたので、ずっと叫び声や奇声が聞こえ、
舞台が台無しになってしまった。
彼らがあんなに騒ぐのは、ミュージカルを楽しんでないからだと思った。
ひきこまれてるなら、騒ぐことも忘れてるだろう。

振り返って彼らを見る人も舌打ちする人も多い。
帰ってしまう人もいたけど、あそこから抜け出したくなる気持ちは分かる。
あれだけみんなにじろじろ見られてイライラされても、後ろの彼らは平気だし。
明るく楽しい物語だけに、2階客席のイライラがとても残念だった。

高くても1階席を買ったほうが、こういう人たちに会う機会は減るし、
正しい防衛策だと思う。
はるばる日本からやって来て、こんな目にあうのはもうまっぴら。

 
レ・ミゼラブルは、結局tktsでも売っていなかった。
仕方ない、劇場で当日券作戦だぁ!と、何とか奇跡的に良席を確保したけど、
映画化でますます人気が出てしまった感じ。やっぱり・・・。

IMG_0040.jpg

Regent通り→Shaftesbury通り→クイーンズシアターと、去年と同じ道を
無意識に選んでいた。去年、自転車で迷って焦ってダッシュしたルートなので、
「あの大変だった日から1年か・・・」としみじみ。

IMG_0042.jpg IMG_0043.jpg
※劇場内は撮影禁止です(笑)。見つかるととても怒られます。

席は良く(G14)、遅刻もせず、最初から観れて嬉しかった。
しみじみしすぎて、オープニングの"DIGNE 1815年"の表示の所でもう泣けた。

ジャン・バルジャン役はカッコいいし歌も上手い。なんとかレンジャーならレッドだ。
でも一本調子だし、♪Bring him homeでは「無事に上手く歌いきれてヨカッタぁ〜」と
ホッとする感じが、本人からも客席からも漂っていた。
歌い方はJOJに似ていた。

この役は本当にイイ人でないとしっくりこなくて難しい。
コルム・ウィルキンソンやヒュー・ジャックマンのように、この役をものにできる俳優は
少ない。

激情型ジャベールは、顔、声、歩き方、姿勢の全てがジャベールだった。
スローモーションで落下した後、流水にもまれるように揺れながら左へ転がっていった。
すごく上手い!
Tam Mutuという妙な名前とHPの濃い顔に不安があったけど、さすがSierra Boggessに
選ばれただけある俳優だ。思わぬめっけもんだ。
比べると、Hadley Fraserはこの役は下手だったんだなぁ。ラウル役が素晴らしかった
だけなのだ、ガックシ。

フォンティーヌはまあまあだった。
コゼットは、外見、歌、演技ともイマイチで、お嬢様らしくなかった。Katie Hallって
凄いんだな・・・。

エポニーヌはイマイチ。絶望感が物足りない。でも、前回が最悪だったので、
文句は言えない。今はSamantha Barksが基準なので、誰がやっても難しいし。

マリウスは、もっといい俳優はいないのだろうか?Michael Ballとは言わないから。
あまりにもレベルが違いすぎるし、イケメンらしくない。

映画を観て、ミュージカルの方が絶対いい!と信じて再びここまで来たけれど、
映画の出来もかなり良かったんだと気づいた。そして、いろいろ観れば観るほど、
初演の関係者たちの偉大さに感動が深まる。

Geronimo Rauch : Jean Vaijean
Tam Mutu : Javert
Celinde Schoenmaker : Fantine
Samantha Dorsey : Cosette
Jamie Ward :Marius
Danielle Hope : Eponine
Christopher Jacobsen : Enjolras
Cameron Blakely : Thenaedier
Vicky Entwistle : Madame Thenaedier


IMG_0041.jpg IMG_0044.jpg
Japan Centerで、半額になってた寿司&いなり寿司を食べた。
ここはお金があればいろいろ買える。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 好きなものだけinヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。