よしこの旅ブログ > 文楽「桂川連理柵」

2012年10月14日

文楽「桂川連理柵」

20121014

春の歌舞伎、秋の文楽。楽しい恒例行事。

今回は「桂川連理柵」。聞いたことがない、歌舞伎でも見たことない。
筋書きを読むと、心中モノらしい。なかなか面白そうだし、夜の「すしや」は
退屈なのでこっちにした。
1.jpg

春の歌舞伎の日に、チケットをロビーで先行特別販売してくれたから、
なかなか買えない4列目に座れた。床(太夫、三味線が座る場所)側だったので、
よ〜く見えて聞こえて大満足な座席。


演目が作られたきっかけは、年が親子ほど離れた男女の謎の死だったそうな。
自殺か他殺か?それよりも、昔から年の差カップルは世間に注目されていたんだなー。

その目立つ事件に、いろんな物語を足して完成させた脚本なので、何となく薄味で
人間の性みたいのが物足りなく感じてしまった。お笑いの場面が長くて、尺を伸ばすため?
と思いながら観ていた。リアルな平家物語ばかり読みすぎ?


でも、お笑いの場面はとても面白くて、あれだけで1つの演目にしてもいいかも。
今と昔の笑いのツボは、変わってないんだね。


主役の男女ともに、登場&活躍がとても遅いのには驚いた。男が登場しても、
周りの人物たちのやりとりがほとんどで、女などは終演の40分前にやっと登場!
周りのやりとりだけで、観客の頭の中には2人の姿がずっとある・・・すごい演出だ。


今回も、人形は人間に見えた。人間よりも演技が巧い!
人形遣いは力がいるだろうから、女の人には無理だと思う。腕の筋肉を見てみたい。


帰りにドトールでケーキセット(かぼちゃケーキ)。観劇の後のお楽しみ。
IMG_0004.jpg

 
人形浄瑠璃 文楽 詳細

【昼の部】 桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
 〜六角堂の段 〜帯屋の段 〜道行朧の桂川


一般3,500円、学生1,000円、昼夜通し券:6,300円

 
※参考【夜の部】 二人禿  義経千本桜 〜すしやの段
 

スポンサードリンク



posted by よしこ at 23:20 | Comment(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。