よしこの旅ブログ > 北海道で移住体験30

2012年07月27日

北海道で移住体験30

20120727

ホテル紅やからの送迎バス。きちんとした若めのホテルスタッフが運転
してくれた。駅まで送ってもらえて、とても楽だった。

IMG_1739.jpg IMG_1724.jpg
上諏訪駅ホームには足湯があり、不思議な光景だ。でも、浴場だと聞いて
いたんだけどな・・・調べると、2002年に足湯へ改築されたらしい。
2人の女性が入っていて楽しそうだった。

ちなみに、下諏訪のホームには、改札口に万治の石仏ハリボテと御柱があった。
万治の石仏ハリボテの改札は特にユニーク!

中央本線の富士見〜韮崎間は、よく絶景ルートと紹介されている。過去にも
通ったことがあるけど、何かパッとしない。推薦するほどか〜?!

昨夜入った展望風呂の泉質が並だったので、予定していた石和温泉はやめ、
甲府で時間をつぶすことにした。暑い中、重い荷物を持って歩くのが大変だったし、
めちゃくちゃ効き目がないならまた次回でいいやと思った。
もし冬だったら、頑張って行ってみただろう。

甲府駅前には、あまり見どころがない。ロータリー付近をぐるり一周して
長居できる喫茶店を探してテナントビルに入ったら、サイゼリヤがあった。
ここなら気楽、涼しい。

ランチを食べてから、パソコンでこのブログを入力していたら、後ろの席で
若者たちがおしゃべりしていた。男子1、女子2、みんな20才くらい。
仕事やお金の話題になり、ふざけながらも内容はシリアスだった。
甲府くらいの町で仕事がなく給料が安いなら、全国の地方都市はどうなって
しまうんだろう?雇われる以外のことを考えながら働かないと、やっていけない。

甲府からは特急で。各停電車の車窓は退屈なのだ。乗り鉄よしこでも苦手な路線。
でももっと安い値段で高速バスがあると甲府で知った。甲府にはあまり来ないけど、
次の機会にはバスも使ってみようと思う。


〜旅を終えて〜
北海道は本州とまったく違うと分かった。気候も文化(歴史)も。私の住む町から
遠くなるほど、どんどん違いが見えてくる。そういう場所に長期滞在できたのは
貴重な経験だ。浦幌町へのふるさと納税・・・人生何がきっかけになるか分からない。

30日間にお世話になった全国のみなさん、ありがとうございました。

〜後日談〜
セキは1か月ほどでやっと治った。風邪は気温が高いほうが治りが早い気がする。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。