よしこの旅ブログ > 北海道で移住体験28

2012年07月25日

北海道で移住体験28

20120725

長野駅前は分かりづらい。観光案内所もバス案内所もない。
今朝、バス乗り場を探して走り回った。バス案内所を見つけたのは奇跡だった。

戸隠行きのバスルート。ループ橋はまあまあ珍しい眺めだった。他は普通の山林道だ。
ワイシャツ姿の人たちが途中で5〜6人降りた。公務員の研修所があるらしい。
そこからお客は2人だけになってしまった。

終点のキャンプ場で降り、クチコミで見つけたそば屋で遅めの朝食にする予定だった。
キャンプ場にはものすごい数のテントが並んでいて、中学生など人が大勢いた。
IMG_1632.jpg IMG_1634.jpg

一般キャンパーはそんなにいない。
予想外の出来事に驚きながら、そば屋だけを目指して歩いた。

せっかくここまで来たのに、白樺食堂はお休みだった。開店時間の10時だし、のれんが
出ているのに・・・年中出ているのれんらしい。ひと気が全くないので、諦めるしかない。
隣の牧場内のソフトクリームで、ひとまず空腹をまぎらした。そこのお姉さんは、
「白樺食堂がなんでそんなに評判がいいのかねぇ」という顔をしていた。これから奥社に
行くなら、その入り口のそば屋がおすすめだよと教わり、再びバスに乗って奥社前の
そば屋「なおすけ」へ張り切って入った。

なおすけは新しい建物で、奥社参道が良く見える。そば屋のメニューはどこも同じで、
迷ってしまう。食べ比べだけならもりそばでいいけど、脂分がないそばばかり食べていて
だんだん痩せてきてしまったのだ。迷いに迷って、おすすめの鴨なんにした。
具がたくさん入っていて気前がいい。でも1500円なら普通の感動だなあ。
IMG_1642.jpg IMG_1644.jpg

奥社参道には、青いジャージの中学生たちがうようよしていた。オリエンテーリング
しているみたいだ。マジメな彼らは、すれ違う人々に「こんにちは」と挨拶をする。
私はセキが出ないようにこらえながらマスクまでしているので、できれば話したくない。
ただでさえ登りは苦しい、ゼイゼイゴホゴホ。
私は策を練り、@他の人の後ろを歩く、A中学生たちにまぎれる、B話しかけないで下さい
オーラを放つ、という方法をとりつつ、こんにちはと返事できる時だけ声に出し、後は
外見が病人だからあいさつ免除でいいにしてもらった。

IMG_1655.jpg IMG_1663.jpg
中学生と一緒に登った。

IMG_1669.jpg 
中学生と一緒にお参りした。
中学生と一緒に写真を撮った。
中学生と一緒に戻った。

とにかくずっと中学生と一緒。奥社=中学生、の思い出しかない。せっかく遠くから
来たのに。スピリチュアル、神社の雰囲気、神々しさ、自然の息吹とか、そういうものが
微塵も感じられなかった。中学生が下り坂を勢い良く暴走族のように突っ走る。
ぶつかりそうになるたび、「走るなーーーッ!!」と何度も心で叫んだ。

水分が多い土地なのか、コケが多かった。杉並木の太さはかなりのものだった。
奥社本殿は新しい建物だった。私はドラゴンマニアなので、隣の九頭竜神社に深く祈った。
IMG_1666.jpg 九頭竜神社

奥社とキャンプ場以外には、人がほとんどいなかった。中社前には、写生する中学生が
たくさんいた。中学生だらけの戸隠。

14時にはホテルに戻り、一休み。アイスがめちゃめちゃ美味しく感じられた日だった。

夜に再び幻のそば屋に行きたくなり、昨日とは違う駅前付近をうろうろした。でもやはり
見つからない。交番のおまわりさんに聞いてみた。油やをすすめてくるけど、もういい。
タウンページを見せてくれたので、ずっと追っていったら・・・あった!この名前。

「大久保西の茶屋」は、駅の脇の路地の向こう側らしい。2人通れるくらいの細道で、
分かるはずがなかった。お店の前で、ここだ!と思い出した。どうみても居酒屋な
外観・内観なのが懐かしい。
IMG_1678.jpg IMG_1679.jpg

今日は込んでいるので、2階に上がった。おばちゃんが1人だけいて、とても切り盛り
しきれていない。昔と同じように20分くらい待ち、やっと天もりが出てきた。

今までのそば屋の中で、いちばんつゆがおいしい。インスタントつゆの素に似てなくない
けど・・・。そしてここも1500円だった。これだけかかれば満足するのは当たり前な
気がする。4回食べれば6000円だもん。白樺食堂は、1000円以下のそばに天ぷら
などがおまけでついてくるらしい。好意が嬉しいから人気なのだ。

長野ではそばばかりになってしまった。
立ち食いそばは何度でも美味しく食べれるけど、そば屋のそばを食べ続けると、だんだん
辛くなってくる。なぜ??

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | 北海道移住体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。