よしこの旅ブログ > ロンドンでミュージカル24

2012年05月24日

ロンドンでミュージカル24

20120524

時間が経つのは早いなぁ・・・と思ったら、普段よりも旅行期間が短い。
いつもは3〜4週間かけるので、2週間ちょっとが短く感じる。

5:25に宿を出発、朝から通行人に助けてもらって何とかタクシ−をひろった。
Paddington駅からHeathrow connect(準急電車)で空港へ。
宿から空港まで£20くらいかかった。車窓からの眺めが良いわけでもない。
通勤時間でなかったんだから、地下鉄£5で行けば良かったなぁ。
時間もそんなに変わらない気がするし・・・。

羽田に着いても夜明けごろだった。品川で立ち往々し、やっと来たと思ったら、こだま。
宿を出発してから自宅に着くまで22時間。不便な時間帯でますます疲れた。

反省点1.早朝便は使うな。たとえ羽田が便利でも。時間もお金もかかる。
早朝便は機内食が1回分少なく、仕方なくカップめんで空腹をしのぐお客が続出。
さらに、人生で初めて時差ぼけして3日ほど苦しんでしまった。

反省点2.素人にはお金を払うな。たとえ安くても。
1日目の宿以外は貸し部屋を使った。真冬でも薄い毛布が1枚で風邪をひき、
オーナーは掃除嫌いなので部屋は汚く、トイレットペーパーがなくなって困り、
いくらなんでもサービスが悪すぎた。
不満を抱えた時間を考えると、2倍くらいしてもプロがいるホテルに泊まるべき。
素人が貸す宿は、安いようで高くつく。
劇場巡りなら、Leister Station付近のホテルに泊まれば、移動の心労も
少なくできる。

反省点3.ロンドンで貸し自転車は使うな。
車はあまり走っていない。たくさんいるようでも、バスとタクシーがほとんどだ。
道路の90%が一方通行。だからみんな徒歩か公共機関で移動するんだろう。
自転車も車と同じ交通ルールなので、一方通行に振り回されて方向を見失ってしまう。

特に人気があったミュージカルは、マチルダMatilda、ウィキッドWicked、
ビリー・エリオットBilly Elliot、ウォー・ホースWar Horse、マンマ・ミーア
Mamma Mia!、地方ツアー(オペラ座の怪人The Phantom of the Operaと、
ダーティー・ダンシングDirty Dancing)。

私のおすすめミュージカルは、John Owen-Jonesのオペラ座の怪人、ゴーストGhost、
ウォー・ホースWar Horse、トップ・ハットTop Hat、ビリー・エリオット
Billy Elliot。

個人的に思い出いっぱいなのは、子供の頃から大好きだったダーティー・ダンシング
Dirty Dancing。
そして、何がいいのか分からないのに楽しくいつまでも記憶に残る、
ロック・オブ・エイジスRock of Ages。

イギリスを知るなら、ブラッド・ブラザ−ズBlood Brothersは外せない。

スポンサードリンク



posted by よしこ at 00:00 | Comment(0) | ロンドンでミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。